旅立ちの朝

実は、昨日の昼から今まで寝続けていた。この旅は誕生日の翌日に旅だっていて、誰しも新規行動に反対する大厄に当っていて、今まで何も無いのが可笑しいなと思っていたのだがとうとう夏風邪を引いてしまったようだ。一昨日、昼間飯屋で十分に酒を呑んでいたのに晩酌が余分だった。

体が弱っている所へ、朝方クーラーが掛り体を冷やしてしまったようだ。一時は、これでこの侭帰れるのだろうかと心配になる程気分が悪かったのだが、朝起きてみると爽快とまでは行かないが普通の気分で居れるようだ。これで旅立てて厄も落ちたのであればこんな良いことはないのだが、まだ大厄は始まったばかり、帰ったら厄払いでも受ける気持になった。

それにしても、沢山着て良く寝たもんだ。優に15時間位は寝たのかも知れない。厄等信じない方なのだが、クーラーによる冷えは自分でしたものでないから満60才に体の不調には気を付けねばならないようだ。

さあ、出掛けよう。今日はKTXで釜山まで行き、市場回りをして夜の船に乗る。松山に着くのは明日の夜だ。


暫し、ブログともお別れだ。

"旅立ちの朝" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント