来年の年越し派遣村は

麻生自民党政権の足を引張った最大のものは自浄作用を失った党体質にあった。それに輪を掛けたものが年金介護と雇用問題だ。何れも厚労省所管だが、長妻大臣の就任で年金問題に一定の決着の付く目処はたったように感じるが、雇用問題は日を追って厳しさを増し、昨年末から見ても2%の上昇を見せている。 景気に影を落している要因に円高がある。円高自体は…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

懸念が暗雲としてきた鳩山政権

衆議院選挙で民主党が圧勝した翌々日に鳩山代表が国連総会に出席をすると言う報道を聞いて9月1日に「麻生総理の轍を踏むのか」と記事で書いたが、外交デビューは華やかなスタートを切れたが、菅国家戦略室担当・仙国行政刷新会議担当・藤井財務大臣の軋轢で来年度予算が財務省主計官遼へ丸投げと言う体たらくになりそうだ。 その点オバマは外交デビューを…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

産業再編こそ徳政令の狙い

バブル崩壊してはや20年の歳月が経とうとしている。その間凡そ230ヶ月の間平均して毎月一千万以上の負債を抱えた千社が倒産して、この世から23万社が消え去った勘定になる。失われた10年、毎年3万人を超える自殺者の出る社会の仕組自体が壊れたと言っても過言ではない状況が続いている。 倒産する最大の理由はマーケットにとって要らない存在にな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

官僚を働かせよ

この2日間程、亀井大臣の徳政令を推奨するような論調を採ったが、これには前提条件がある。我々人間は様々な動作をする時に意識を働かせてやっているようだが、実は殆どの意思決定を無意識下で行って殆どの動作はその行為のみを頭に浮かべてやっているに過ぎない。 例えば、道ですれ違った知人と挨拶をするとしよう。意識化に上る表現は例えば「おはよう御…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

徳政令は時代の要求

今回の自民党から民主党への政権交代は言わば明治維新に匹敵するようなインパクトがある。輸出産業振興から内需中心への産業転換・2酸化炭素25%削減と言う政策転換は半端なものではない。体力のある大企業ならいざしらず、日本の屋台骨を支える中小企業がそして農林水産業者の変革には徳政令も已む無しではないか。 亀井静香金融担当大臣が言い出した時…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

平成の徳政令

あの小泉フィーバーが吹き荒れる中、時代の寵児堀江隆文をも溝板選挙で勝抜いた兵、亀井静香郵政民営化見直し・金融担当大臣が平成の徳政令を実行すべく気焔を上げている。金融秩序が固まっている現代社会において経団連を始めとする経済界の反発が強いのを受けて他の大臣が浮き足立つのを尻目に益々鼻息が荒い。 徳政令は江戸時代までは既得権益者である武…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

友愛は脱<官僚政治>の切札

故鳩山一朗が好んで使ったと言う言葉「友愛」はフランス国旗を象徴する自由・平等・友愛から来ているのだろうが、その解釈を聞いていると仏の四無量心の最初の慈しみに通じるように感じる。仏の持つ慈しみは万民に対して友のように接してその喜怒哀楽の心を共にし、共に笑いそうして嘆く事を言い、鳩山総理は友愛の説明に似た表現を使っている。 誰に対して…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

ドルの基軸通貨としての信認は失われるのか

世銀ゼーリック総裁は「ドル基軸の当然視は誤り」と米ドル基軸通貨信任を疑う講演をワシントンで行った。米国での講演としては耳を疑うようだが、ここ最近の米国地方銀行の倒産が止まらない姿を見れば当然とも言える。ここ数日、円の対ドル相場の急上昇を見ていると世界のマネーはドルを離れて円に向かっている。 ニクソンショックから粗40年間ドルは世界…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

年季と意気込み

本日、東京国技館で行われた大相撲秋場所で横綱朝青龍が優勝決定戦の末に勝名乗りを受けて24回目の優勝を果した。千秋楽の本割では白鳳の当りが強く、出鼻を挫かれた朝青龍はズルズルと後退して呆気なく土俵を割った。しかし、優勝決定戦では朝青龍の出足が鋭く終始攻勢を崩さず大相撲の末下手投げで白鳳を転がした。 本割と決定戦の差は年季の相違であろ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

景気対策について

民主党のマニフェストには景気対策と言う言葉は無い。しかし、二酸化炭素1990年比25%削減と言う目標を掲げた事に拠る経済波及効果を考えると経済は大きく活性化すると考えられる。火力発電から太陽光を電気エネルギーに変換する事業を高速化すれば裾野の広い大きな消費が生まれてくる。 もう1つの切口は渋滞解消だ。日本の都市部は車の渋滞が酷く、…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

JALの抱える課題は日本企業全てに共通する

JALの抱える根本問題は、JALが受けるサービス悉くに天下りや渡りのひも付きがコスト負担の最大原因という事だ。空港利用やそれに付随する様々なサービス細部に至るまで高コストになっている。それは国土交通省の認可による業務の為に様々なサービスや使用する燃料に至るまで高コストとなって跳ね返っている。 年金問題と言う大きな財務圧迫要因もある…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

10年後の二酸化炭素排出1/3削減はそれ程難しくは無い

経団連は1990年度から25%二酸化炭素削減と言う目標に震撼としているようだがそんな難しい数字では無いと考える。例えば、年率2%で経済成長したとすれば経済規模は現在の約1.22倍になる。現在の経済状態で鳩山総理の公約を換算すると1/3の二酸化炭素削減だと言う。それがそんなに難しい数字なのか検証したい。 現在の二酸化炭素排出源の殆ど…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

鳩山イニシアチブ

鳩山総理が国連の首脳環境会議で二酸化炭素排出量削減に対する取組として2020年に1990年比25%カットを一定条件下で行う事を政権公約として宣言した。それに対して世界各国首脳は高い評価を示し、日本発のステートメントが行われた事は国民として大きく勇気を感じる場面でもあった。 国家戦略局の目玉は子供手当てと並んで鳩山イニシアチブと言う…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

鳩山総理は菅直人副総理に景気回復を懸けている

民主党政権に対する不安として景気対策に力が入っていないと言う批判をよく耳にする。麻生前総理は何かと言えば景気対策と言って昨年度は2時補正迄出し、本年度は予算執行を待たずに1次補正を執行する事によって景気対策と言っていた。 鳩山内閣における掛声は脱官僚であり、生活支援の声は聞こえるが前総理の如き声高な景気対策は言わない。しかし、布陣…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

省庁改変こそ行政刷新会議の目玉

脱官僚の切り札として登場した行政刷新会議だが、その成否を握るのは議論にも上っていないが省庁改変であろう。霞ヶ関文学と揶揄される官僚の法律施行制御は、省庁が法律案の提案から成文化までを行うのに充分なスタッフを持ち、その能力が溢れている所に問題の本質がある。詰り、省庁の力を殺ぐ事が成否に繋がる。 これまで官僚が行ってきた国民からの需要…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

問われる鳩山総理の指導力

早くも藤井財務大臣と菅国家戦略局との間ですれ違いがおき始めた。藤井財務相が「国家戦略局の責務は長期的なもので年度の予算は財務省が主導になる」との見解を示したからで、これでは鳴り物入りでマニュフェストに書かれた官僚主導を阻む為の組織が形骸化してしまい、主計官を始めとする官僚の跋扈を許す事になる。 官僚主導を廃止する為には公務員の大多…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

山は動くか

鳩山政権がいよいよ始動しだして、各閣僚が初登庁してその中で様々な人間模様が描かれた。中でも長妻厚労相を出迎える官僚達に笑顔の無いのには驚いた。しかし、抱負を述べる会議室は聞く人が溢れかえって大きく廊下にはみ出す姿は長い歴史の中でも見られない光景を示した。「年内」と言う期限を切って福祉のあり方を作ると言う話が動き出せばこの数年に亘る年金問…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

産声をあげた民主主義

昨日鳩山内閣が発足した。あの宮沢内閣が倒壊して細川政権ができて17年弱の歳月を経て、名実共に自民党政権に比較し得る内閣の誕生だ。この間、小沢幹事長の苦闘は続き、その胎動の永さが民主党政権を強固なものとして誕生させた。真の意味で日本に民主主義と言う制度が地から湧上ってきた実感を感じさせる。 敗戦によって得た民主主義は米国を中心とする…
トラックバック:22
コメント:4

続きを読むread more

あっと驚く亀井静香代表の郵政・金融担当相への就任要請

民主党の人事構想も幹事長・官房長官・国家戦略局までは早々に決ったが、次に飛込んできたのが国民新党亀井静香代表の郵政・金融担当相決定と言う驚きの人事だ。しかし、数少ない大臣ポストを考えればこれ程のはまり役も無いかも知れない。責任を持てば、無責任も出来ず外野に居るより余程良いのも事実だ。 野党と与党の違いは民主党の豹変振りを見れば一目…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

孤高を目指せ

民主党政権発足を契機に、谷総裁に引続いて漆間官房副長官が辞任することになった。世界に冠たる日本官僚制度が未知の政治主導という世界に入っていく足音が聞えてくる。影の総理と言われた漆間官房副長官だが、辞任が決り次官会議もなくなる事で、日本の官僚制度に大きな地殻変動が起きている事には違いない。 この官僚制度は伊藤博文が1885年に初代総…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

やったぜイチロー

米大リーグ、マリナーズのイチローは本日、テキサス州アーリントンのレンジャーズ・ボールパークで行われたレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合の二回の第2打席で遊撃内野安打し、大リーグ史上初となる9年連続200安打を達成した。珍しくケガに泣いた1年だったが心より祝福したい。 米国大リーグ史上初という快挙に心躍らせた日本国民は数多く居る…
トラックバック:25
コメント:2

続きを読むread more

民主党政権の成否は公務員制度改革にある

いよいよ明後日に迫った民主党政権の誕生だが、その成否は国家戦略局が有効に機能する事と公務員制度改革に掛っている。公務員制度改革無しには国家戦略局の機能は半減せざるを得ず、その有効性を高める為に早急に改革に取組まねばならない。そのポイントはこのブログで以前から主張している如くスクランブルに他ならない。 現在、民主党の公務員制度改革で…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本が政治貧困に陥り、自閉症研究が進捗しない最大要因

昨日道後温泉で日本生産性科学学会が松山でありその会員と思しき人と数分言葉を交わす機会があったのだが、その学会の中心的存在でありそうな中年男性が「トヨタ看板方式」を日本の生んだシステムとして誇らしげに言う姿には失望を隠せない。社会科学者の大方に言える事なのだが、40年近くを経ているビジネスモデルを誇らしげに言うそれをリードすべき学会員の言…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

平成維新に期待する

昨年秋以降麻生総理批判を展開してきたが、悪いのは麻生太郎ご本人と言う訳で無く、自民党の政治手法が賞味期限が切れ、時代にそぐわなくなっていたのを懸命に固守しようとした総大将が森善郎元総理であり、その傀儡であった事が批判の本質であったようだ。民主党政権になり平成維新が実現されようとしている姿の検証をしたい。 機能しなくなった象徴が官僚…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

自閉症療育に付いての考察を書き終えて

書き始めには書く積りの無かった研究の立場批判を多く書いてしまった事に驚いている。分っている事は、脳が必要性に応じて自身の回路を書換え環境に適応している事だ。それは環境変化のみが必要であり、様々な施術は大きな環境要因の中にある1つにしか過ぎず、その統合的成長にとって害あって益が無いと考える。 施術を適用しその環境に押し込む研究者の努…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

理想的な自閉症療育とは

残念ながら自閉症療育においては航行における羅針盤が無い。それでも理想を追求しなければならないのは現状における本人及びその保護者当事者の苦しみが痛い程、分るからだ。研究者・支援者に言いたいのは、寧ろ何もしないでおいて欲しい。それが現状における理想でもあるからだ。 私自身の経験においても何も援護がなかったから、懸命な自分探しが出来、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在の自閉症療育の問題点

現時点で自閉症療育において問題点が無いと言い切れる人は全く居ないと考える。専門家集団でさえ協同の大合唱しか為しえない現状を考えていきたい。問題が延々と解決に向かわない原因は現在の自閉症療育が海図も無ければ羅針盤も無く、おまけに星空さえも参考にしないで漂流している船に喩えれば分るかも知れない。 海図にあたるものは自閉症スペクトラムの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自閉症と言う概念の無かった時代の自閉症者達に対する考察

自閉症が脳機能障害だと分ったのは20世紀も最終を向える頃であったろう。自閉症という定義付けがされたのも20世紀半ばに兵器の近代化に対応できない人々をカナーが精査して「自閉症モデル」を提起してからであった。最初は軍事目的で研究が始まったのだが、自閉症研究は独自の問題意識として研究され今に至っている。 近代兵器が登場するまで人々の労働…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自閉症とは小脳におけるメモリー不足によって起きる

我ブログの存在価値は自閉症本人及びその保護者及び支援者に対して羅針盤としての働きを持たせる事だ。夫々の最大の悩みはその原因が特定できてなく、その療育が専門家でさえも手探り状態にあり真に自立の目処が立たない所にある。58才で始めて自閉症であると分った療育を受けていない私が自分探しの末に辿り着いた結論は、振返って見れば如何に脳機能障害があろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉症療育に付いての考察

現在自閉症療育は国家も関って推進されているが、その療育に当っての海図も無ければ羅針盤も無い状態で現場職員が手探りの状態で当っていると言う現状があり、その現場関係者の苦労を思うと頭が下がる。 さて、我「よく考えよう」では、自閉症を小脳の制御機能のメモリー不足と言う立場を取っている。その立場を羅針盤として自閉症と如何に向合い、そして本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の景気対策は

一昨日長々と景気対策について色々と書いた。これは景気がよくなる為の処方箋には違いないが、長期に亘る繁栄を築く為には教育改革が欠かせない。日本が明治維新に成功し、敗戦後廃墟の中から高度成長を遂げた最大の要因は寛政異学の禁に端を発する日本中を覆った教育熱によるものと考える。 4万件を数えた寺子屋や幕府の昌平坂学問所を筆頭とする藩校が設…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「脱官僚」の旗印は溝板掃除から

国家戦略局を創設して、それを軸に民主党マニュフェストの実現を図ろうというシステム構想は上手く描けているように感じる。しかし、それで上手くいく程世の中は甘くないし官僚のしたたかさには想像を絶するものがあり、民主党政権ができそうだと判明してからの駆け込み天下りの状況を見れば良く分る。 国家戦略局において民主党政権が官僚に法案を清書する…
トラックバック:17
コメント:4

続きを読むread more

「PC君、入院します」について

「PC君、入院します」について 入院等とあほな事言わずに、3万円出せば新品が買えるんだから、買い換えた方が良いよ。 入院させても結構修理費取られるのだから。今やパソコンの利益は修理費でもっているようなもんだからね。 もし、入院してしまっていたら勿体無いとしか言い様がないね。 もしも、オークションで買えばもっと安く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真の景気対策とは何か

丁度一年前に起きた、投資顧問会社リーマンブラザーズ破綻の後に景気回復が叫ばれたが、結果的に官僚主導のバラマキが行われただけで、投じられた税金よりも低い効果しか得られていない現状がある。新政権発足に当り、倒産・失業者対策として実効性のある景気対策を打出す事が求められている。 景気対策といえば、米国のニューディール政策を手本に大型公共…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

最後迄、故吉田茂を嘆かせる麻生総理

自民党が大敗を喫して、もう麻生総理の悪口は書くまいと意を決していたのだが最後の最後までやってくれるのには驚く。それにしても背筋を伸ばし、淡々とした表情で意地を張り通す姿はある意味で見習うべきかも知れない。しかし、その行いは故吉田茂元総理に墓場の下で涙に暮れているのではなかろうかと気掛りだ。 自民党大敗が決ってその虚脱感が冷め遣らな…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

鳩山民主党代表は麻生総理の過ちの轍を踏むのか

麻生総理の愚は言葉ありて行動伴わずに尽きる。「百年に1度」と何回も言いながら、全てを官僚に丸投げし、ご自身は外遊をして官僚の作った作文を読むばかりであった。ご自身は外交の麻生と公言して憚らずに歴代総理で1番の国費を使った外遊をし、内政にご自身の手垢を付けてこなかったのが今回大敗北の原因だろう。 鳩山代表は組閣後国連総会とG20に出…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

旧自民党体制の政官財癒着構造を洗い出せ

民主党単独では2/3に届かなかったものの、与党連合では追越す結果となり前回の与野党関係が逆転した格好で今回の衆議院選挙は終わった。午後7時のNHKニュースで午後4時までの投票率が前回より下回る報道を見て、可笑しいと思ったが8時を回ってみれば前回の投票率を若干上回り70%に迫っていた。 無党派層が最後の1時間に駆け込んだのかも知れな…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

上海には行く気がしない

ソウル90日滞在の後は、上海に行く積りであった。というのは、昔の仕事仲間を色々と調べていくと、その中で最も親しかった1人が蘇州に赴任していると言うのを聞いてからだった。無論、ソウルに収穫旅行に行くのは当然なのだが、柳の下を目指そうとする本能は道案内の見込める上海に目が行った訳だ。 今日の報道2001は中国経済特集だったのだが、その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9時間切った選挙戦

今夜の8時には長かった選挙戦の幕が引け、明日の夜半前には今回の選挙の帰趨が決る。果して事前に報道各社の世論調査の如く民主党の圧勝に終るのだろうか。ここ愛媛一区でも民主党候補優勢が伝えられている中、前回棄権した82歳になる母は「可哀想だから塩崎さんに入れようか」と言っていて決るまで予断を許さない。 もし、民主党圧勝と言う事になれば2…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

自民党CMから麻生総理の声と表情が消えた

一昨日まで流れていた自民党CMでは麻生総理が表情豊かにそれも口を歪めて自身満々のアピールをしていたように思う。所が、昨日の朝テレビCMから軽やかな男性アナウンサー(声優かも知れない)の声が聞こえて表情の硬い麻生総理が全く微動だにせずに映っている。朝は不快なCMだなあと感じたのみであった。 夜帰った時に、民放に切替えて見ている内にそ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

ポリシーを育てられない政治家達

ポリシーを持つ為には志が無ければ持ちようが無い。だから幾ら勉強していようと学者や評論家では全てに対して第3者的で信念の篭った発言には繋がらない。無論、こうやってブログで人様を批判している私も例外であるとは考えてはいない。しかし、生活を掛け行動を伴う事に対しては信念は持っている積りだ。 政治家も立候補する時は、浅い乍もポリシーを持っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生総理は「分っていない人が多い」と言うが

麻生太郎首相は25日、宮城県多賀城市で街頭演説し「政治はばくちじゃない。(民主党に)ちょっとやらせてみようか、というのは違う話だ。全く優先順位が分かっていない人が多すぎる」と言ったと日経ネットで報道されていたが、就任してから下がり続けた支持率の下、任期一杯まで解散を遅らせた愚を全く分っておられない。 やる事、為す事全てが裏目に出た…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

自民支持率低下は当然だ

民主党300議席突破かとの新聞各社報道の後も自民党支持低落傾向は止まっていない。小泉元総理が辞めて3年間に例外とされるべき衆議院2/3議席でごり押しを数限りなくしている事に国民は嫌気をしている。勝てば官軍はその通りだが、勝って兜の緒を緩めっぱなしにしたのが安倍・福田・麻生の3内閣でもあった。 政治と金の問題にしても松岡農水相に至っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金大中氏の国葬、2万人参列

昨夜、金大中元大統領の国葬をソウルの国会広場で営んだ。参列者は各国の弔問団を始めとして、政界関係者等2万人の参列者があったと言う。その中で北朝鮮弔問団は国葬の行われる前に帰国しているのは南北政府どちらの思惑なのだろう。元大統領の死を切欠に物乞いだけに来たとしたら、ソウル市内に多く居る乞食と何ら異なる事は無い。 国会周辺や各地に設け…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

政権交代で政官癒着体質を断ち切れ

一週間後に迫った衆議院総選挙は民主党圧勝となる予想が報道各社の世論調査で明らかとなっている。1番偏ったものは民主党が300議席を上回り、4年前の郵政解散をした自民党と逆転現象のようだ。中には、自民党議席が220議席を上回り、何とか与党連立政権が死守すると言う週刊誌予想もある。 私は自民党支持者ではあるが、今回だけは野に下り雌伏して…
トラックバック:14
コメント:14

続きを読むread more

高尿酸血症に対して

実は私は4年位前から高尿酸血症に苦しまされている。無論、切欠はあの筆舌し難い右足踝に痛みを感じた痛風発作からだ。なってから周りを見渡すと、改めて薬を処方されて飲んでいる人の多いのに気付き、さほど大変な病気と言う自覚の無いまま、薬も飲まず2年が経過した。 転機は思わぬ所から起きた。2年前のやはり誕生日の出来事なのだが、吐き気と体温が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

酷暑の中で新型インフルエンザ流行となった

高校野球・プロ野球・相撲と鍛え抜かれたはずの人達にも感染が及び、死者は既に3人を数えている。19日には厚労省が1週間で6万人感染したと推計予報を出し、全国に不安が広がっている。ニュースで聞こえてくる声はマスクや治療薬タミフル生産増の声や公衆が集まる場所での消毒等しか流れて来ない。 新型インフルエンザが流行したとしても全ての人が掛る…
トラックバック:19
コメント:2

続きを読むread more

現代社会に蔓延する鬱病

自殺者がここ10年に亘って3万人を超え、うつ病はいまや社会現象ともなっている。人は真核細胞を持つ生物であり、その至上命令はそのDNAを次世代に引継ぐ事にあるのだが、少子化や自殺の多さは生物として奇異なものを感じざるを得ない。この奇異さの原因は人が人故に持った前頭前野を持つ所以でもある。 前頭前野が薄っぺらな他の哺乳類では少子化や自…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

ひたひたと押寄せる価格破壊の波

1991年度の9兆7394億円をピークに長期的な下落傾向に入っている日本百貨店協会が7月21日発表した2009年1~6月の全国百貨店売上高は前年同期比11%減の3兆2133億円だった。半期の下落率としては1965年に現在の手法で統計を取り始めて以来、過去最大。金融危機に端を発した消費者の買い控えの影響で、主力の衣料品や高額品が不振を極め…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

郵政民営化は確実に効果を上げている

郵政民営化法案が決った当初、郵政後者の打出す施策は官僚体質そのものであった。その象徴にローソンでのヤマト運輸からその配達代理店契約を奪った事が挙げられる。税金を投入した組織と利益を上げて税金を納めている会社が競争すれば投入している会社が勝つに決っている。やはり、ビジネスモデルで勝負するならサークルサンクスとかセブンイレブンのような手を付…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more