テーマ:韓国

盆と正月が1度に来た

鷺梁津水産市場に行ったのは書いた。買い物を済ませて買い物を済ませて황제회양념집という店に入った。実は、この店は直訳すれば皇帝御用達味付店なのだが、知らなかったがこれが2度めの訪問で刺身と鍋物が食べたいと注文すると、 何と二人前ずつ、絞めて1人の客な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日は鷺梁津水産市場に行ってきた

出かけて、すこし行った所で傘を持っていくことを思いつき、引返して取りに戻った。 1つ手前の龍山駅まで雨は止んでいたのだが、鷺梁津駅に着いた時は土砂降りであった。天から滝が降ってくるような降り方で、傘を持っていなければ大分小雨を待つのに時間が要ったと思えば我が運の良さに感謝したい。 この市場は2度めなのだが、壮観な風景を楽しんで頂きた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国の現体制は何れ消滅する

盛んに国際世論は中国を盛上げているが、何れ近い将来体制崩壊を迎えるだろう。中国に投資するメーカーはくれぐれも油断せずに、現実の消費に対応すべく目配せを怠ってはならない。 何故、こんな事を今になって言うのかと言うと中国は全てにコストが掛り過ぎと感じるからだ。今は、様々な海外資本が投資しているが、徒労に終わるしか無い事を悟れば1抜け、2抜…
トラックバック:19
コメント:2

続きを読むread more

読み聞かせの推奨

このブログをご覧になって頂いている方は、私が「読み聞かせ」についてしつこい程推奨しているのはご存知だと思う。何故この時期にと言うのは、私が現在ハングル学習に真剣に取組んでいるのに、自身にその読み聞かせを与えていない事に気付いたからだ。気付くのが遅すぎたのかも知れない。しかし、これこそ自閉症療育にとって最大の情報に他ならない。 自身…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

物の分った年寄りと中学生との対話は楽しい

韓国政府のスポークスマンの発する「歴史問題」と言う言葉にはうんざりする。うんざりするけれども、我が日本から多くの利益を供出させようとの恣意的表現にうんざりしない日本人は居ないと思う。 今日は韓国の台所可楽洞農産物市場へ行く事であったが、その規模が大き過ぎて展示場慣れしている筆者にも辟易とさせられた。大蒜や西瓜はこの時期に行けば誰に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ソウル南の放浪も緑が多く、ソウルの一面を見せてくれた。

昨日は地下鉄4号線をミョンドンで3号線に乗換えて、ヤンジェ駅まで行った。初の南ソウルを訪ねる事になったのだが、本来のソウル入りした目的である韓国と日本との文化の和合を私の能力でできる唯一のものの第1歩として足を踏み入れた。 これがソウル農業貿易ビルだ。 ここから先はこれからの私の人生の展開を待って頂きたい。 この前…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

麻生総理の悪口を言っても、我々日本人は日本国憲法によって守られている

これ程に理想的な憲法で守られている国民は居ない。 言論・集会は無論の事基本的人権は悉く憲法によって保障されている。それでもって我がブログで国家の総理批判が可能だ。私は個人的には麻生太郎総理も自民党も嫌いでない。寧ろ、連合の支持を受けている民主党よりは自民党に好意を持っているほどだ。 麻生総理にすれば、何故こんなに批判するのか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

韓国は転換点の岐路に立っている

ここ韓国で2月の月日を過して、この国は大きな転換点に立っていると感じる。 経済の悉くが中途半端の上に大企業の寡占化が進んでいて、戦前の日本と同じような様相を示し始めているようだ。街には日本では見られなくなった乞食が散見し、大学を出た若者の就職先が見えないという状態だ。 戦前の日本と同じく、街々には市場があってこの街の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何故消えたのだろう

何時もの如く、我が記事にトラックバックを貼っている最中に記事が忽然と消えてしまった。 昨夜、イチローとハニカミ王子の記事を書いたときにもバックアップ取らずにそのまま記入して何とも無かったので今回もそうしたのだが、忽然と消えてしまう。 インターネットの闇は深い。 しかし、何らかの働きかけが無ければ消えるものではない。 多分、脳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歴史問題の底流に潜む日本と朝鮮半島の違い

日本民族の殆どが朝鮮半島を経由して来たと考えるのが自然だ。あの世界を席巻した蒙古が季節風の為に日本遠征に2度も失敗したのを引合に出すまでも無く、あの真言宗を創設した空海すら渡唐には季節風に逢い、遥か南に漂着して苦労しています。そういう事を考えれば朝鮮半島以外から日本を目指した多くの人々が目的を果せず海の藻屑と消えてしまっていると考察する…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

日韓民族に横たわる歴史認識(2)

日韓の歴史問題として避けられない問題として、日露戦争がある。倒幕を果した長州・薩摩両藩共に西欧諸国との直接戦争で散々な目に逢っているが、李王朝は江華島に攻め込んできたフランス軍やアメリカ軍を撃退しているのを見ても、それまでの李王朝の実力は伺う事ができる。 しかし、(1)で示したように賄賂政治によって中央政界は腐敗し、地方にもそれが…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日韓民族に横たわる歴史認識(1)

小泉元総理が総理就任に当っての公約として実行した靖国参拝に対する中韓両国民の非難は凄まじいものであった。これに対して小泉元総理は公約と外交の板ばさみに対して苦悩した事は記憶に新しい。 韓国における歴史認識が多く叫ばれるようになったのはソウルオリンピック以降のように思われる。オリンピックが開催される前に外国人観光客が多く訪れるだろう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嘗て、迷込んだ道から東大門へ行ってみた

日韓辞典を買う為に東大門の古本屋に行くべく、久しぶりに歩いていく事にした。我がコシュウォンは地下鉄4号線の漢城大入口駅より、大学路に寄った所にあり交差点を左折すると、大学路に入り、程なく恵化駅に到着する。 その1番手前の地下鉄駅入口の手前で左折し、山登りが始まる。 山登りといっても、暫くは飲食店の多い繁華街を登っていく。 ここで、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

馴染の銭湯

このコシュウォンに来て、既に50日が経過した。 色々と言葉が分らないながらもソウルの風景にも馴染、日本と韓国の違いもよく理解できたように思う。そういう中で1番慣れ親しんだのは我が部屋には違いないが、次に馴染んでいるのが風呂屋だ。前にも書いた事があるが、中々に入り心地が良い。 1回の料金が4,500ウォンで、日本円に換算すると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自閉症の方々への福音

自閉症記事「広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群)」の記事を書出してからはや1年と3カ月になります。それまでは、自己流の学び方で発達障害用語に対する学習不足から様々な偏見を多く持っていたように感じられますし、その田中康夫先生が講演した障害に対するプレゼンテーションを索引にして文字数7万字に及ぶ記事を書き上げました。 結果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の政策当局は日本叩きをして、責任回避しているのか

昨日は南山韓屋村へ案内されて行ってきた。先日の雲峴宮と同様、李王朝末期を美化したものである。李王朝末期は冊封されていた清国が衰退し、その代わりに日本が台頭した時代だ。その日本の台頭によって滅亡した李王朝最後を称える事によって反日感情を煽っているのではなかろうか。 日本でも昨年はNHK大河ドラマで「篤姫」があったが、あ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マネーの奔流

言葉は分らなくとも、ここソウルに居て日本にいると見えない現実が良く分る。言葉と言う翻訳機を通して人は分ったような気になる。それはそう言う気持ちを抱くだけで実際にはその止まりようも無い現場に居てこそ、その現実は理解できるものだ。 私は偶々囲碁が好きなので、そういう現実が良く分る。碁の本を読み、数多くの実践を楽しんでも中々強くなれると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

金正日は核攻撃等恐れていない、怖いのはクーデターのみだ

考えても見よ、ヘロイン・覚醒剤・偽札で荒稼ぎをしておきながら何万人の国民が餓死しようとも、核・ミサイル開発を辞めないあのエゴイスティックを。自身の安全の為に張り巡らされた地下の隠れ家はどれだけあるか分らない。国家対国家の戦争になった時、彼は安全な地下に潜り如何に地上が破壊されようとも国軍が戦っている間は何の懸念も感じないだろう。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の思考回路はどうなっているのか

最近の北朝鮮による瀬戸際外交には呆れているが、今朝の日系オンラインを読んでいるともう1つ驚く。観光客が銃撃されると言うショッキングな事件からロッテ財団が景勝地クムガン山での観光事業をストップしている。 外貨収入が欲しいのだろうが、隣国に対し戦争も辞さないと警告した直後に、共同開発する工業団地での賃金引き上げを求める協議開催を呼びか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空へと続く城壁

韓国軍基地まで少し前に登り切った記事を紹介した。 昨日、昼飯の腹ごなしにその先を探索すべく歩いたのでその景観を紹介しよう。 天空と言うのは上記写真の真ん中にある小さすぎて分り難かろうが、微かに見える城壁だ。 これは登る途中で同じ場所を撮ったのだが、結構高度差があるのがわかるだろう 韓国軍基地のある所から下り道に入る。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

何時切れる、オバマは

北朝鮮も言わなくて良いのに、自らの核保有への選択を宣言している。現実問題、もう少し技術が進歩するとワシントンは無理でもサンフランシスコ位は狙えるようになるのも時間の問題かも知れない。現実的に、使用するか否かは、使用した途端に北朝鮮国家が無くなるのは金正日も承知のはずだ。軍事的にだけ言えば、在日米軍基地を混乱に陥れて、板門店を通過すれば良…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

語学研修かと思いきや、観光だった

先週金曜日に日韓文化交流センターで逢って、今日の午後1時に待合せをしていた。丁度1時に交流センターにお出でになり、3時間位と言われていたのが一時間半で勘弁してくれとの申し出に逆らいようも無く、先方の敷いたレールに乗った。 先ず、最初に行った所が交流センターから徒歩5分の所に有る雲峴宮だった。 雲峴宮が…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

10日間篭って作成したツールが完成

五月の下旬から取掛っていた韓国語会話用ツール3点セットが出来上がった。8頁からなる文法要約書とハングル文字列に従った韓日単語集、50音字順に並べ直した和韓単語集だ。結果的に700単語程を揃えた勘定になる。プリントアウトに500円近く掛ったが知らない土地での事なので仕方が無い。 上の写真がそうで、下の如く編集した。 要する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これが脱北朝鮮人達がよじ登った日本大使館正面玄関門

この門は脱北者のみならず、日本国民も入る事を許されないのを今回始めて知った。 韓国に来て初めてお付合いできそうな方と知合いになり、私の訪韓の目的であれば韓国大使館で聞くのが1番良いと聞いて素直に韓国日本大使館を訪ねてみた。要するに気軽に入れる場所ではないようで、迷い回って着いた所の正面玄関でシャットアウトである。 殆ど日本語の通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北の城壁を登ればそこは軍事拠点だった

遅めのお昼を済ませて、運動不足解消の為に北の城壁探索に出た。 城壁まで20分、1km余り恵化門から離れた所に城壁の切口に出た。 東の城壁と同様に10m以上の城壁が聳え立つ。 内側は遊歩道になっており、急勾配の石段の隣にはゆるやかなスロープの登り道もある。 延々と登っていく城壁。 ここから城壁が右旋回していくのが良く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金正日は鎖に繋がれた事を知った飼い犬のように大人しくなるか

電撃的な世界の第3極を目指し核保有とNATO離脱をドゴールてが宣言してから早、50年を越す歳月が経った昨夕第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下の欧州大陸を解放に導いた連合国軍のノルマンディー上陸作戦から65周年の6日、フランス北西部ノルマンディー地方のコルビルシュルメールにある米軍墓地で記念式典が行われ、欧州歴訪中のオバマ米大統領、サ…
トラックバック:2
コメント:27

続きを読むread more

中国・朝鮮半島との歴史問題について

小泉元総理の靖国神社参拝に対する中国・韓国が主張する歴史問題の認識について考えたい。と言うのも、ここソウルで1月余りを過すに及んで、韓国の人々が善意に溢れているのを肌で感じ、そうして韓国青年から日本に対する金正日の考えが正当だとする考え方を聞くに及んで、韓国の人々の心底に眠るものが何者なのか考えたくなったからだ。 中国に対する歴史…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ソウルの人達の想い

一昨日、日本語が話せる青年と暫く話した内容が2日間に亘って頭の中を迷走していた。日本に居た時は、歴史問題と言う表現する事が何の事かさっぱり分らなかったが、ソウルに一月余り滞在してやっと気が付いたように感じる。要するに、日本は第2次世界大戦の敗戦国なのだ。金正日から言わしめれば、敗戦国が何をのうのうとしてやがると思っているに違いない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生総理に聞かせたい韓国青年の激白

昨夕、ワガコシュウォンの炊事場で珍しく2人の青年が幾皿も並べて夕餉を囲んでいた。事実、この場所で食べている光景事体が殆ど無いのが実情だ。大方の住人は食事を作りはするが、殆ど自室に持ち帰り1人で食べているのが実情のようた。別の青年が入ってきたので日本語が出来るかと尋ねると、少しと言うので話をしていると夕餉を食べていた1人が語りかけてくるで…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

在韓韓国大使も霞ヶ関か

昨日、エラ通信さんから在韓米軍家族の退去命令乃至勧告が出されたと聞きましたので、年の為に在韓日本大使館を訪ねた。正確には在大韓民国日本国大使館公報文化院をたずねのだが、昨日は土曜日だから休日だと言う。大使挨拶も載せている大使館HPには09年度の案内は無かったが、元日を除いて13日しかないように書いているから、土日は関係無いと思い出かけた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more