テーマ:日記

ブログ荒し

我が「よく考えよう」に「フフン」さんと言われる方がコメントを寄せて下さる。批判精神溢れるコメントを頂けるのは嬉しい限りなのだが、この所意を通すのに強引さが目立ち些か当惑している。彼の主張では私の記事が民主党小沢前党主に対する見解が事実と異なると数度に止まらず記事の記載に対する訂正を求めている。 人は夫々主張があって良いし、それに対…
トラックバック:2
コメント:38

続きを読むread more

度胸と愛嬌

昔から日本では「男は度胸、女は愛嬌」と言われている。これは男は何事においても家庭を支えねばならず、引っ込み思案では家庭を経済的に支え得ないからだろう。競争社会において、前に踏み込む勇気が無ければ生存競争に勝てず、甲斐性無しの男として評価されざるを得ず、度胸の無い男は評価されない。 その男の度胸を後押するのが女の愛嬌と言うものであろ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

言を左右して国を危うくする政治家達

この所の政治が貧しく見えるのは如何なる理由なのか、考えてみると政治家の言が軽い事に気付く。あの社会保険庁問題にしても一国の総理や大臣がコロコロと言を左右にして政治家の信用を落している姿には呆れるばかりだ。大方の政治家が何か子とある毎に軽く発言し、その場その場で言を変えている姿に国民としては呆れるばかりだ。 その点、先だっての小沢一…
トラックバック:5
コメント:20

続きを読むread more

旅立ちの朝

実は、昨日の昼から今まで寝続けていた。この旅は誕生日の翌日に旅だっていて、誰しも新規行動に反対する大厄に当っていて、今まで何も無いのが可笑しいなと思っていたのだがとうとう夏風邪を引いてしまったようだ。一昨日、昼間飯屋で十分に酒を呑んでいたのに晩酌が余分だった。 体が弱っている所へ、朝方クーラーが掛り体を冷やしてしまったようだ。一時…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

盆と正月が1度に来た

鷺梁津水産市場に行ったのは書いた。買い物を済ませて買い物を済ませて황제회양념집という店に入った。実は、この店は直訳すれば皇帝御用達味付店なのだが、知らなかったがこれが2度めの訪問で刺身と鍋物が食べたいと注文すると、 何と二人前ずつ、絞めて1人の客な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日は鷺梁津水産市場に行ってきた

出かけて、すこし行った所で傘を持っていくことを思いつき、引返して取りに戻った。 1つ手前の龍山駅まで雨は止んでいたのだが、鷺梁津駅に着いた時は土砂降りであった。天から滝が降ってくるような降り方で、傘を持っていなければ大分小雨を待つのに時間が要ったと思えば我が運の良さに感謝したい。 この市場は2度めなのだが、壮観な風景を楽しんで頂きた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物の分った年寄りと中学生との対話は楽しい

韓国政府のスポークスマンの発する「歴史問題」と言う言葉にはうんざりする。うんざりするけれども、我が日本から多くの利益を供出させようとの恣意的表現にうんざりしない日本人は居ないと思う。 今日は韓国の台所可楽洞農産物市場へ行く事であったが、その規模が大き過ぎて展示場慣れしている筆者にも辟易とさせられた。大蒜や西瓜はこの時期に行けば誰に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

嘗て、迷込んだ道から東大門へ行ってみた

日韓辞典を買う為に東大門の古本屋に行くべく、久しぶりに歩いていく事にした。我がコシュウォンは地下鉄4号線の漢城大入口駅より、大学路に寄った所にあり交差点を左折すると、大学路に入り、程なく恵化駅に到着する。 その1番手前の地下鉄駅入口の手前で左折し、山登りが始まる。 山登りといっても、暫くは飲食店の多い繁華街を登っていく。 ここで、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

馴染の銭湯

このコシュウォンに来て、既に50日が経過した。 色々と言葉が分らないながらもソウルの風景にも馴染、日本と韓国の違いもよく理解できたように思う。そういう中で1番慣れ親しんだのは我が部屋には違いないが、次に馴染んでいるのが風呂屋だ。前にも書いた事があるが、中々に入り心地が良い。 1回の料金が4,500ウォンで、日本円に換算すると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

松尾和子の歌った「再会」を口ずさむ

吉田正によるシャンソン風の曲調に、佐伯 孝夫の詩である松尾和子の「再会」は我々団塊の世代にとって忘れえぬ名曲だ。ここ数日、外に出たのは一昨日の買出しのみである。兎に角、韓国語習得の為、引篭りの毎日が続く。ここコシュウォンに暮らす人の多くは大学生も居るが、予備校生及び短期語学コースに通う若者が多い。 元々、李王朝時代に科挙に合格する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

これが我が部屋

男所帯に蛆が湧くと言いますが、このたった3畳しか無い我が部屋には蛆が湧きようが無い。 ドアを出て、正面から撮った写真がこれ。 右に洋服ダンス左にシャワー付のトイレです。 次に紹介するのが、その反対側の内側から撮ったドア。 右側には火災報知器、左側には非常用の懐中電灯。 この懐中電灯には充電式のリチウム電池が入っていて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コシュウォンでの生活

今、滞在しているコシュウォンは中々快適だ。 3畳一間ではあるが、LAN環境にテレビ、シャワー付の水洗便所、洋服ダンス、ベッド、机がコンパクトに配置され、全く狭く感じない。炊事場は共用だが、そこには何時も白米とキムチが常備されており、調味料や調理器具も使い放題だ。それで水道光熱費込で1月45万ウォン、日本円で3万5千円弱と言うのだから安…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今朝のソウルはどしゃぶり

天気予報では降水確率100%、にわか雨となっているが今朝の我が住いの前は土砂降りだ。 人は傘を差し、単車や自転車の人は合羽を着、車は水飛沫を上げる。 こういう日は露天の人はどうしているのか気になる。 まだ、屋台の人は大丈夫なんだろうけど。 彼らの運搬手段の大半は単車によるものだから、商品が雨に濡れないようにするのが大変だ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今日はミアサンゴリのスーパーへ行ってきた

とうとうソウルに来て20日目だ。ぐずぐずしていると90日位あっという間に過ぎてしまって、観光に来たのかという事になりかねない。少しスパートせねばと言う気持ちは嫌というほど高まっている。 眠気に負けてインスタントコーヒーでも飲もうかとミアサンゴリアのスーパーへ行く積りで地下鉄に乗った。 地下鉄の出口に立つとそこには東大門があるでは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

橋まで行かなくっても飛び石がある

現大統領のイ・ミョンパク元市長が公約として掲げた清渓川復元は余りにも有名。 ソウルハイフェスティバル2009の最中に通り掛ったらその橋の下で何処かのテレビ局だろうかイベントが盛上っていた。 ここ城北区の外れを流れる川には飛び石が整備されており、人々は橋まで行かずとも階段を下り、飛び石を渡って向こう岸に渡り、生活の中に定着している。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソウルの景観

ソウルの景観といっても、ソウルに未だ20日も居ていないので、ここ城北区から西南に当る繁華街及び東南の京東市場までしか見ていないが、ソウルに漂う空気は多少掴めたような気もする。韓国の人は基本的に朱子学の精神が浸透しており、日本人に比べても旅人に優しく親切な人が多い。テレビで報道されている反日感情も旅人には別なようだ。 幹線道路は整備…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

城壁から見た恵化門

この場所は工事中なので、日曜日か午後6時を過ぎないと行けない場所です。 この通り、道路を隔てた恵化門が見えます。 ここから東大門まで2kmの城壁が続く訳です。 只、人目に触れない場所なので草は伸び放題。 現在、東大門へと下りて行く道のように恵化門からも城壁沿いの道を作るのでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卸売り市場・小売店・露天などなんでもありのソウルの街

言葉が通じなくて、只ひたすら150km歩きに歩き、生活必需品や食料を買った感想を述べる。 ソウルには露天の多さには魂げ、それはバブルより少し前の30年前の日本が居た状況に良く似ているのではなかろうか。 しかし、当時とは違いインターネット全盛の世の中ではある。 先ず、ソウルに着いた時に通ったのが南大門市場であった。 そこには日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

韓国のマーケット事情

韓国経済は米国経済の蔭りを受けて、一昨年来輸出の伸び悩みによるウォン安に見舞われている。 ソウルの街を歩いて目に付くのが乞食の多さだ。 彼らは突っ伏して、頭を地面に擦り付ける姿を崩さないが、目だけは世を恨む眼差しで通行人を見据えている。 日本にはごみ場漁りは多く見掛るが、乞食の姿はこの数10年お目に掛っていない。 韓国経済も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソウルへ来て早や2週間、あっちへうろうろこっちへうろうろ

生活の見通しは大分経ち嬉しい事に銭湯が近くにあった。 最初は聞くだけで違和感があった韓国語の響きも耳慣れし、そろそろ来週位から会話を練習する予定だ。 勝手に喋るだけなら、カン文字を振った会話文例集のカナを読めば良いのですが、相手が何を返してきたのか分らないでは会話は成立しようも無く、成立させるには相手が何を言ったか何度も聞き返してで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜満開の道後公園

道後温泉本館から歩いて10分の所に道後公園がある。 ここはその昔河野一族が湯築城を持っていた事でも知られ、現在の本館が出来る前は湯屋も此処にあった。 道後平野の住民のみならず日本最古の温泉として知られている。 この写真は堀の手すりが写っているが、この堀が湯築城の名残でもある。 公園内を歩いて、花を見入ると 此処…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

近くてもやはり外国の韓国

一昨日、このブログのメッセージ機能で、1ヶ月料金45万ウォンの内10万ウォンを内入れするように口座名義人(多分コシュウォンの管理人)と銀行名、口座番号を記したメッセージが届いた。 その時は、翌日が土曜日と勘違いして週明けに振込む旨返信をした。 目が醒めてみると金曜日ではないか。 10時前に何時も使っている銀行の支店に行くと、ウ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

政党交付金、最多の自民へは157億円、民主は118億円

政治と金の問題がくすぶる中で総務省は政党助成金交付を決定した。 小沢党首秘書逮捕から、小沢党首批判が飛び交ったネットの社会であったが、政冶の浄化を願わない人は居ない。 一昨年は農水相自殺も引起した政治と金であるが、出口は未だ見えない。 どうすれば出口が見えるかは、このブログの読者はご承知頂いていると思う。 選挙制度改革に他な…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

定額給付金もあっち向いてほい

わが松山では振込口座申込書類が4月半ばに郵送されて来て、早くて振込みは連休明けになるようだ。 ここ数年、地元の私鉄、伊予鉄道の頑張りで、この松山も随分と暮らし向きが良くなっていたように思われる。 所が、この4月から老人定期1年用が廃止されるようだ。 年間3万6千5百円、1日当り百円と言う安さで65歳以上のお年寄が随分利用してい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一国の総理、麻生太郎が「株屋ってのは信用されてない」と言うお粗末さ

株屋は信用置けないのは真実だ。 真実だから言って良いのは被害を受ける1般投資家だけであろう。 何しろ損をさされたにっくき営業マンなのだ。 営業マンは猫なで声で何も知らない一般庶民に勧誘をする。 物販であれば、そのものと言う実益が保証されているのだから未だ許されるはずなのだが、クーリングオフと言う制度さえ付けられている。 金…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

2回目の4千PV突破

昨日1日当り2回目の4千PV突破を記録した。 昨年の正月位から見て頂く事に視線を移し、忙しい時間を割いて毎日複数記事を書くようにしている。 1年と3ヶ月と言うのはやはり長かったように思う。 それまで見ようが見まいがどうせ独り言だからと適当に時間をあけて書いていた。 記事の内容は教育問題を中心に人間のあり方を基本線に書いていた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more