テーマ:ニュース

管総理は「雇用」の意味が分って言っているのか

雇用されるには雇用者が要ると言うのは分った話だ。雇用者は様々なコストを払い収益を挙げてこそその事業は継続し、それに伴う雇用が生れ、継続すると言うものだ。雇用コスト以外のコストが多い国家が日本であり、それを放置していると言われる張本人が総理大臣その人に他ならない。 企業は日本で創業する場合、政治・官庁・金融・その他諸々の社会イン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

明かに日本社会は病んでいる

日本経済の喪失感は米国経済病の延長線上に日本特有の捩れ構造が輻輳して出現している。 成長戦略を語る時、現在の喪失感を育むものを抜きには全てが砂上の楼閣となるだけで、失われた時代を繰返す延長線を歩むのみに終る。 米国経済病はその病巣の大きさに気付いたのは50年も過去に遡る。本土が無傷で補給基地であった米国は2次大戦によって深刻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

言われたくない荒井聡国家戦略・経済財政担当相に失われた20年とは

日本人は自虐的に「失われた○○年」と良く言う。 中でも消費不振をあげつらっている。 バブルの頃は札束が舞い、ニューヨークのマンハッタンまでジャパンマネーが溢れかえっていた。 あのバブルの状態が良いのかと自問自答すれば、答は否である。 そもそも日本人に価値観が欠落していると言わねばならない。 政治家は無論のこと、哲学・経…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民主の大敗はコストの掛らない政治を求める声だ

各種世論調査結果を覆して民主党は大敗した。世論調査では9割の人々が選挙に行き投票すると答えている。しかし、実際には前回の参議院選挙をも下回る投票率の低さで、その影響をモロに受けた結果であろうと推察する。ここで政治家に考えて頂かなくてはならないのは高コスト政治に選挙民がNONを突きつけた現実だ。 民間企業であれば、その世界で生残…
トラックバック:17
コメント:6

続きを読むread more

NTTはオレオレ詐欺

天下のNTTがオレオレ詐欺を働くとは思わなかった。 決算内容を見てみると240億円もの純利益を上げているのに、オレオレ詐欺とは恐れ入りやだ。 偶々、カードの引落を確認した所、全く引き落とされる予定が無いのに、7800円もの引落が入っていたのには恐れ入る。 何か、入会して居ないのに、ご入会有難う御座いますと言って、封書や℡があっ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ハヤブサ」に関する日経記事

日本の技術、「はやぶさ」に結集(NEC・富士通・IHI…) 2010/6/14 21:13  多くの困難を乗越え7年ぶりに地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。砂ぼこりが入っていると期待されるカプセルも14日、オーストラリア南部で無事回収された。約60億キロメートルに及ぶ宇宙の旅を支えたのは、NECが開発を主導したイオンエンジンを…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

「ハヤブサ」を見習え

昨夜のクローズアップ現代で2003年に打上げられ、2005年11月に地球から3億km離れた小惑星「いとかわ」に着陸してその表面の岩石を採取した探査衛星「ハヤブサ」が明後日、地球に帰還するとの事だ。「ハヤブサ」は地上からの制御が利かなくなり、燃料となる太陽電池を太陽に向ける事ができなくなっていた。 電池が空の為、通信も不可能…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

辺野古は成田闘争の再来か

佐藤政権時に地元住民の同意を得ずに東京国際空港新設を閣議決定した事に端を発した一連の住民反対闘争が起った。結果として当初計画では3本の滑走路を造る予定であったのが1本のみで開港し、多大なコストの割に機能が大きく損なわれ、ハブ空港の座を他のアジア諸国に奪われ大いに国益を損った経緯がある。 回の普天間基地、辺野古移設を閣議決定した…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

精白米10kg2千円割れの衝撃

デフレも詰まる所まで来たかという衝撃だ。小沢幹事長は農家に所得保証をすると言うが、聞きしに勝る米価下落にどう対処するつもりなんだろう。賃金が下がって次は米か。無論、電化製品や車は値下りしていて当然なのだが。一昨日、大黒天物産の経営するスーパーで購入した価格が\1,880には恐れ入った。 昔は1番安かったはずの標準価格米は\3,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円高は止らない

円は独歩高を続けている。輸出関連企業からは悲鳴が聞こえてくるが、まるでお構い無しだ。それもそのはず、日本は対外純資産が2位の中国を100兆円も引離して260兆円を超えて保有している。少々の財政赤字があろうとも外国から見れば日本は金を貯め込んでいる訳だ。この裏には民間企業の涙ぐましい努力がある。 昨年度の民間大手企業のコスト削減…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

馬毛島では駄目なのか

普天間問題で国中が揺れ、鳩山総理の総理としての適任性が問われている。これ程の大騒動をして、急転直下全く別の場所に決定し、そこでの基地建設に着手できれば諸葛孔明顔負けの軍略と言わねばなるまい。その具体的候補地が馬毛島に他ならない。3方皆良しなのだが、辺野古近辺に5千坪の土地所有する小沢一郎のみ割を喰う。 辺野古を強行した所で、反…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

空気を読まない鳩山総理

鳩山政権が成立して8ヶ月が経過した。 総理の第一番目の仕事は幸婦人との外遊であったが、あれがそもそも空気を読んでいない。 政権交代して、先ずは内政優先を執るべきではなかったのか。 その付けは鳩山政権の足元を揺るがしている。 マニュフェストで掲げた公務員制度改革、借金漬け財政等課題山積の中で国家戦略局も立ち上げずに先延ばし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デフレの真実

デフレ、デフレと世間では喧しいが、単にこの数年に亘って消費者物価が下がっている事実だけを捉えて言っているに過ぎない。スミソニアン体制以降も急激な円高に関らず、日本の貿易黒字は減るどころか増え続ける一方だった。その時に、世界のだぶ付いたマネーは日本に流れ込み過剰流動性によってバブルは起きた。 過剰流動性はインフレ圧力となり、日本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デフレの悪影響とは

デフレと言うのは需要が少なく、生産過剰により在庫が多くなって売れないが故に消費者物価が下がる事を言う。需要の少ない原因は社会的弱者の可処分所得が少なくなるからであって、既得権益者は可処分所得が減り様が無い。弱者は企業の不採算により賃下げになるが既得権益者は減るどころか利殖さえ視野に入れている。 この所の、小売業の価格値下げの原…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

デフレを加速させよう

デフレ、デフレと悪の元凶のように言い回っている。デフレで被害を被るのは多くの資産を持つ既得権益者である事を知ろう。しかし、日本の勢いを失速させているものは何かと言えばコスト高と言う事に気づかなくてはならない。この20年に亘って日本が転落した元凶はコスト負担が大きくなり過ぎて付加価値を食い潰しているからだ。 働けど、コストが高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山総理は馬毛島へ普天間完全移籍で決断を

普天間移設問題は八方塞の感が否めない。鳩山総理は腹案があるというが、大方の政治評論家の言では決まりようが無いと言うのが現実のようだ。他の候補地には大勢の住民がいて、反対運動を翻すのは半端な事では済まないだろう。その点、馬毛島の場合は転用の仕様が無く島民はどんどん減っていると言う。 島周辺には漁業資源が多く、その反対者は種子島に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億総白雉か

国を挙ってのデフレ大合唱だ。これが我が国家かと思うだけでおぞましい。水は引力に逆らっては流れないと言う事実にこれ程気付かない程にお気楽なのが我が日本民族なのだろう。バブル崩壊以来何が起きたか考えれば当り前のことを、表面に露出したことのみ問題にしてその底流に何が流れているか知ろうともしない。 円高という話は幾度も出した。円高によって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融は亀井郵政プランを黒船と受止めて、維新を起すべし

とうとう亀井静香金融・郵政担当大臣の言い分が罷り通り、郵貯定期の限度額が倍増した。これを民業圧迫と言うはた易いが、金融の我侭と言わねばなるまい。日本の製造業は円高と言う津波に襲われながらも技術革新によってそれを力に変えてきた。その製造輸出産業の進取性を金融は見習わねばならない。 これまで護送船団方式で守られた金融は守りだけで日本経…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デフレ脱却は不可能、ソフトランディングへ舵を切れ

世間はデフレ、デフレと大騒ぎしているが、デフレ現象は当然の経済現象であることを自覚せねばならない。元々経済活動自体が1部の既得権益者にのみ都合よく動く道理は無いのだ。「諸行無常の響きあり、盛者必衰の理を顕す」と言うのが人間社会の常であるという真理に目を背けてはならない。 日本はこの数十年貿易黒字を溜め込め続け、世界通貨のドルに対し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

民主党は謙虚さが求められている

支持率が低落する鳩山政権だが、その原因は政治スタイルが倣岸さに尽きる。政治と金の膿が噴出しても、説明責任に応じず、その表出するものは蜥蜴の尻尾切りにしか国民には映らない。そう言う中で、今朝の日経大機小機において公約違反について論説があった。「求む、マニフェスト仕訳人」と言う題だ。 鳩山内閣においてパフォーマンスとして行っている事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の景気対策とは

世紀を超えて1つの文明が終わり、新しい文明が幕を開けようと陣痛が起きている姿が現実の姿では無いでしょうか。 20世紀迄の価値創造はこのグローバル経済化する現代社会においてナンバーワンのみしか生存できない地球規模の競争社会になっています。 インターネット網は網目を益々小さくし、ITの進歩で我々の手に入れる事の出来る情報量は加速…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

予算を早急に成立させ、党人事を一新せよ

選挙に強いはずの小沢幹事長の陣頭指揮の下、長崎県知事選挙は昨年の衆議院選挙が何だったのかと言う疑問を投掛ける惨敗であった。偏に「政治と金」の問題に対する長崎県民からの強い反発と受止めるべきであろう。事業仕訳等を通じて、民主党政権に対する国民からの期待が膨らんでいるのも事実だが、今回の惨敗は真摯に受止めるべきだ。 ある程度ダーティー…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

進化した事業仕訳を

この所の鳩山内閣における責務を負うべき閣僚及び政務官のマニュフェスト実現について気弱な発現が気に掛る。事業丸投げを行う特殊法人等をあぶり出し、12兆円にも及ぶ補助金の見直しをして,予算を捻出するのではなかったのか。それとも霞ヶ関に入って各省庁の官僚に取込まれてしまったのか些か気掛りだ。 昨日、高速道路無料化に対して1千億円の予算が…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

3万2千人を超える自殺者達

自殺者が3万人を超えて、12年経つ。これ程に、自殺者の多い国家は他に無い。何しろ、一万人居ると3人が自殺をするのだから、こんなに自殺する国家はありはしない。この頃、自爆テロと言う言葉が耳慣れているが、そんなに多くの自爆テロはありはしないだろう。しかし、餓死比率の多い国家は未だありはする。 日本は古くから自殺大国でもある。外国人から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

潰れ行く世相

今日、NHKクローズアップ現在で『”助けて”と言えない(~共鳴する30代~)』があった。飢える1歩手前だと言うのに、誰にも助けを求めない人々が多いと言う悲惨な現状に目を覆いたくなる。それらの人々は障害を持っている訳ではなく、救助を求めなければならない自身を恥じているだけだと言う。 日本航空は昨日、会社更生法でいき続けて行く事が決っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務省を解体せよ

元大蔵省出身であった藤井前大臣から管副総理に財務相が交代して良かったと感じる。今回の予算編成作業そのものも大蔵省時代から続く手法を踏襲した結果が、今回のドタバタ劇の真相であろう。政治主導を実現する為には財務省解体は避けて通れない大命題である事を鳩山総理は肝に銘じなければならない。小沢幹事長が政治主導でないと怒るのもそこらに原因があろう。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

財務省改革こそ霞ヶ関改革の本丸だ

藤井財務大臣が辞め、長年官僚とバトルを繰広げた経緯を持つ管直人が財務大臣に就任した。これを機会に霞ヶ関の大掃除に取組んで頂きたいものだ。あの、薬害エイズ原告団との和解によって政治家菅直人の名前が轟いたのは周知の事だが、折角の役職を無駄にせず霞ヶ関の大掃除を完遂させて欲しい。 縦割り二重行政の弊害が叫ばれて久しい。それのみならず、行…
トラックバック:16
コメント:8

続きを読むread more

とち狂うな、山崎拓

党総裁室へ例外規定を適用せよと言いに行ったとニュースで聞いたが、その驕りが今回の自民党大敗の原因である事を知らねばならない。73歳と言う年になって、ますます訳が分らなくなったのかも知れない。もし、公認せねば国民新党からでも立候補すると、まさか本人は仰るまいが噂が駆巡る身の不始末を恥じねばならない。 これを汐に、自民頭は自身のあるべ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

初春に想う

柏原竜二の走りは昨年に続いて見事と言う他無い。あの上り坂を圧倒する力強さに思わず、この不景気を吹飛ばす手は無いものかと思案する次第だ。昨年1年は個人的に言えば、満60歳と言う厄年にも関らず、ソウルへ90日に及ぶ旅行も出来、個人的には収穫の多い一年であった。日本にとっても本格的政権交代がかない、春の到来を期待したい。 それにしても亀…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

如何なる国家に為すべきか

民主党が政権奪取して、3ヶ月が経った。デンマークのコペンハーゲンでは先進国と途上国とで国益を賭けて論争が続いている。しかし、何より問題なのは失業者が増え、デフレによる企業の痛みによる出口の見えないスパイラルだ。生活保護を受ける失業者に対する貧困ビジネスの闇は我々の心の闇を覆い尽くそうとしている。 このブログでは数年前から人間の価値…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more