テーマ:政治経済

割を食った中国

この所、1人勝ちと言われている中国だが、実はそうでもない。毎年10%を超える成長率を続けるのは良いのだが、この所の工場生産は自動制御が多く、人手を必要としていない。チベット自治区やウィグル族の辺境貧民対策をしたくてもロボットがやってくれるビジネスモデルを真似するのだからどうしようもない。 その点、日本の場合は「ああ上の駅」の歌…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

景気を押上げるものは何か

民主党政権が景気対策を謳っていないと言う批判が飛交って久しい。自民党が官僚の作文を予算として両院に上程したものを決議したものを景気対策と自慢するのは片腹痛い。何しろ、この20年間程、他の先進国がGDPを伸ばしていく中で我国だけが世界経済での地位を下げ続けた政策しかやらなかったのは自民党でしかない。 何事を為すにも、その時点での棚卸…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

初春に想う

柏原竜二の走りは昨年に続いて見事と言う他無い。あの上り坂を圧倒する力強さに思わず、この不景気を吹飛ばす手は無いものかと思案する次第だ。昨年1年は個人的に言えば、満60歳と言う厄年にも関らず、ソウルへ90日に及ぶ旅行も出来、個人的には収穫の多い一年であった。日本にとっても本格的政権交代がかない、春の到来を期待したい。 それにしても亀…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

如何なる国家に為すべきか

民主党が政権奪取して、3ヶ月が経った。デンマークのコペンハーゲンでは先進国と途上国とで国益を賭けて論争が続いている。しかし、何より問題なのは失業者が増え、デフレによる企業の痛みによる出口の見えないスパイラルだ。生活保護を受ける失業者に対する貧困ビジネスの闇は我々の心の闇を覆い尽くそうとしている。 このブログでは数年前から人間の価値…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

デフレ対策とは

今日、菅副総理が記者会見で現在の日本経済をデフレであると見解を明かにした。3割近く円高になって物価が下がらない方が可笑しいのだが、雲の上の人はそういう「水は高いほうから低い方へ流れる」と言う万有引力の法則に似た事さえ問題にしてしまう。百貨店の売上の低迷が24年振りと言う事で大騒ぎしているのだろう。 先ず、本日問題になった官房機密費…
トラックバック:11
コメント:16

続きを読むread more

韓国のマーケット事情

韓国経済は米国経済の蔭りを受けて、一昨年来輸出の伸び悩みによるウォン安に見舞われている。 ソウルの街を歩いて目に付くのが乞食の多さだ。 彼らは突っ伏して、頭を地面に擦り付ける姿を崩さないが、目だけは世を恨む眼差しで通行人を見据えている。 日本にはごみ場漁りは多く見掛るが、乞食の姿はこの数10年お目に掛っていない。 韓国経済も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

有名であるが故の悲劇

藤原紀香離婚かと言うニュースには驚く。 優等生で名高い紀香は離婚しないであろうと言うのが世間で一致した見方ではあった。 それにしても、芸能人の離婚率が高いのは有名税なのだろうか。 そう、有名税に違いない。 我々庶民であれば一生掛っても稼げない額を軽々とコマーシャル1本で稼ぎ出すその姿が離婚の土壌を育んでいる。 そもそも、結…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

閉塞感しかない40代

厚労省事務次官の経歴を持つ2人の殺傷事件の犯人が自首したようだ。 小泉毅容疑者だ。 46才にもなって凶行しか思い付かなかった男に憐憫さえ想う。 出頭する前に父親に電話したと言う。 その声は明るかったと言うのに、本人の気分はどういうものであったろうか。 どういう闇があったのか窺い知れない。 3~40代の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小売業はもっと努力を

製造業や観光産業が円高で不景気風は吹くのは仕方が無い。 しかし、対ユーロ・ウォンに対する円高は全く実態消費者物価に反映されていないのは如何なものか。 ユーロに対しては5割、ウォンに対しては倍と言う為替レートだ。 詰り、小売価格はユーロ圏の商品は2割5分引き、韓国製品は半額で売られて当然なのだが、遥かに高い。 これは小売店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党は奮起せよ

麻生内閣の支持率は釣瓶落しで下がっている。 今日勝利宣言をしたオバマのような説得力が全く無い。 兎に角、して上げるで、国民に対する呼掛けが全く無い。 聖徳太子は「和をもって尊しと為す」と言う国民にわかり易い言葉が出て来ない。 「オタク」「チョイ悪親父」と言うように自身をチャラケ出すしか能が無い。 オバマのように誰の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

言葉は力である

「アメリカは1つ」と言った言葉が今日のオバマの勝利に繋がった。 国民が1丸となって難局に当るということであろうか。 金融危機は無論ある。 しかし、金融危機以前にそれは米国といわれたGE・GM2つの会社が危機に瀕している。 これを米国の危機と言わずしてなんと言うか。 ブッシュ政権は汚辱に塗れた政権であった。 嘘…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

オバマに期待する

先程、米ABC放送がオバマの当選確実を報じた。 米国初の有色人種大統領の誕生だ。 元々、人種差別などあってはいけない。 しかし、我々ホモサピエンスで一番最後に登場した欧州人が大本のアフリカ黒人を差別する事から人種差別は始まった。 大航海時代を経て、帝国主義時代に有色人種達は植民地に次々と陥った。 我が日本もその植民…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

後1日で、オバマが第一声を上げる

もう投票の始まっている所もあるのだろう。 米国の大地は広すぎる。 選挙が始まって半日経たないと投票できない人さえいる始末だ。 昨日、書いた通り、米国では権利の主張のオンパレードだ。 これが米国経済の足を引っ張っているのは皆知っているのだが、誰も手が付けられない。 オバマは黒人初の大統領になる予定だ。 よもやマ…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

世界恐慌を呼込んだ米国の闇

ボーイング社のストが8週間ぶりに和解した。 ストライキが米国の大きな足を引き摺る大本に他ならない。 日本の労働組合と違い、訴訟社会の米国では絶間なくいがみ合う。 経営者は株主の利益を守る為に仕事をし、労働者は自身の生活を守る為に戦うのが米国流だ。 日本的経営と言うのは株主利益は次に置かれている。 株主よりも従業員に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金融危機についての問題点

これ程、地球がグローバル化進んだが80年も前と同じような事が進行している。 色々と頼りにすべき行財政を見ても、色々と難儀な問題が多い。 この国の総理はホテルのラウンジで飲んだのを誰でも行けるという状態だ。 1国の宰相を引受けておいてそういう言動をすると言うのは既得権益者そのものではないか。 今夜、夫人を伴って国際会議…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

10ドルを割込んだモルガン株を三菱UFJが28ドル出して買うのか

G7蔵相・各国中央銀行総裁会議が終わり、結果として有効な対策が出せなかった為に、20カ国会議と相成り、その席上に世界恐慌発信国総括責任者としてブッシュの登場迄引起し閉幕となった。 席上、ブッシュ大統領は会合で金融危機について「米国の問題であり全力で立向う」と述べ、新興国に直接理解と協力を求め、G20は「金融危機を乗越える為に協働し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融よ、お前は分りきった危機に何もせず、中小企業の貸剥しをするのか

これまで金融機関に対して色々と注文を行ってきた。 サイトの注目度が低い為に真に見た方が良い人は見ていない人が多いだろう。 結果として、この2日間で千五百円以上下げたのは金融の責任以外の何ものでもない。 嘗て、この株価になった時、貸し渋りはおろか貸剥しをしてしまうだろう。 既に契約時の不動産取得金利が大幅に上がり、家計を圧迫し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

真の景気対策は解散総選挙だ

この2日に亘っての日経平均大幅続落はマネーギャングの仕業だ。 マネーギャングは最初は株式市場だけで暴れまわっていた。 その始まりはアジア危機だ。 それに飽き足りず、定番の不動産投資に、そして証券化証券に、原油・穀物に、行き場が無くなって借株に流入してきた訳だ。 これに立向かえないのは、既得権益軍団の温泉気分その侭の対応の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マネーギャングに立向う米国、やられ放題の日本

NYダウが引けてみれば、128ドルの小幅安で終わった。 前日の流れからいけば千ドルは下がりそうなものなのだが、結構根強い。 最後までこれで持てば、原油市場同様にマネーギャングも引上げざるを得ないかもしれない。 この防戦買いと言うのは下っ離れた時には凄い大きな重石とはなる。 これはリーマンブラザーズ破綻に端を発した値崩れだから…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

崩落で始まったNYダウ

市場が開いて5分位でナスダックとNYダウの株価速報を開けた。 開けた当初は350ドル安位であったのがほんの1~2分程の間に650ドル安迄下がった。 昨日の投売りが続いている。 東京市場であればこれて一気に千ドル迄いってしまうのだろうが、YKでは世界のリーディングマーケットの自負が大きく現在は166ドル安まで戻している。 昨日…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

麻生も小沢もどうしようもない訳

たった今、サイエンスゼロという番組を見た。 人類8百万年の人類の歴史で我々の祖先は20万年前にホモサピエンスが誕生した事による。 それ以前の人類が持つDNAと我々が持つものとは同一性が見られないと言う。 ホモサピエンスが実際の人類と言う事だ。 誕生から粗15万年間はアフリカ各地を彷徨っていたのだろう。 ミトコンドリアD…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

千円安の日経平均は金融機関の学習能力の無さが災い

とうとう恐れていた事が起った。 中堅金融機関である大和生命が経営破綻した。 中川財務・金融相はこの破綻は特異例であると説明しているが、あの失われた10年において株価が下落によって金融機関の健全性が保てないと言う事は言い尽くされた事では無かったのか。 中川大臣がどう仰ろうと、日本の金融機関が持つ課せられた8%と言う基準が危う…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NYダウがやっと下っ離れし、8千6百ドルを切った

NYダウが米下院で金融安定化法案が可決してから下げ止まらない。 下げ止まらないと言うより、遂に1部の投資家が証拠金積み増し不能となり、売らざるを得なくなったのだろう。 今朝未明の急落は日経平均が引け前に急落したようなそういう状況が推定される。 金融安定化法案が否決されて777ドルという史上最大の下げ幅となった。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

公的資金投入の意味するもの

欧米諸国が、公定歩合引下げと公的資金投入を決めた。 日本でも嘗て大騒動した公的資金投入だ。 公的資金の大本は税金に他ならない。 儲け捲った金融機関が公的資金で救われる事には税金を払っている国民は良い顔しないのは当然だ。 しかし、多くの諸国で金融危機になると、公的資金を投入する。 他の産業分野では危機になっても、その企業だけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融の株式相場に対する向合い方

昨日、日経平均が千円近く値下がりし、不安に思っておいでの皆さん多くいらっしゃると思います。 特に昨日の引け前において急落しましたが、ああいう急落は証拠金を積んで空で買っている人に追い証が掛って、支えきれずに投売りにならざるを得ない為に起きた現象に他なりません。 詰り、上の重石がとれた状態だと考えられます。 反対に売り浴びせは借…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

お足とは良く言ったものだ(NYの悲劇)

今回の世界恐慌の主演者はマネーの運用者に他ならない。 79年前の世界恐慌の時もそうであったように、ありあまる資金を得た者達の行動は一致している. 1つは石油成金であろう。 そうして、様々な鉱物資源の値上がりによって得られた資金が大きい. 79年前は第1次世界大戦で儲けた死の商人達であった。 その中にGEやGMが入ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マーケット事情

水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 円高は恐れる事は無い(2008/01/24) 中期的に見れば日本株は買いだろう(2008/01/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

物価上昇は止らず、世界不況は目前だ

原油高に端を発した物価高は止まる所を知らない。 スーパーへ行けば値上げラッシュオンパレードだ。 消費文化を謳歌している日本の1億総中流はパニック寸前だ。 しかし、日本は未だ良い。 米国は身から出た錆とは言え惨憺たるものだ。 一昨年来続いているサブプライムローン問題に止まらず、この物価高が追討ちを掛けている。 ドル安は物価…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

問題への着目点のパラダイム的転回

講演では、問題はその子個人にあるのではなく、その子を含むクラス全体の関係性にある。問題視される子供がいるとすれば、その子にそうした位置を提供した状況がある。 その子の現在の状況は、そうしたその子を含む人間関係の歪みの現れとして理解する。 問題を「どうしたら解決できるか」という問いから「何故問題に見えるのか」、「誰にとって問題なのか」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四川大地震による芽生え

歴史は何時も必然へ動いている。 中国も例外では無い。 中国共産党は雪崩をうって変貌を遂げていると言えよう。 今回の胡錦濤訪日は10年前の江沢民訪日の際に言及した歴史教科書問題を思えば昔日の感が深い。 毛沢東の天安門等は遥か彼方だ。 中国共産党が変貌しているのは改革解放路線がその潮流を作ってしまったという事だ。 改革解放は現在…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more