テーマ:世界連邦

新年におもう、中国との向き合い方

広島・長崎の戦争報道である被爆映像の悲惨さから欧米において発生したこの運動は、核兵器を国益を超えて管理するために創られました。先ず1946年に、シカゴ大学総長のハッチン博士を中心に政治・法律・歴史・などの研究者で「世界憲法起草委員会」が結成されました。同年にアイシンシュタイン・シュバイツァー・チャーチル・ネルー・湯川秀樹などの世界連邦運…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

選挙前にこれからの日本を考える

次の時代を考えるとき、現状の日本においてどういう矛盾があるか把握しなければならない。 安部元総理の軽薄さは正視できない矛盾である。 自民党は55年体制から生き残ってきた政党であり、その長い歴史の中で族議員として官僚癒着を育み、その活動源泉たる派閥活性を脈々と受け継いでいる。 先の自民党総裁選で谷垣前総裁が破れ、安部晋三が総裁と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more