テーマ:2次障碍

高次脳機能障害の本態と療育への提言

はじめに 2007年8月、丁度58才4か月の暑い夏に、ダニウェル・ゴールドマン著「生き方の知能指数」の第9章「心の行間を読む能力」を読んでいる時、《これは私の状態そのものではないか》と心の叫びに揺り動かされた。 10日ばかり悩んだ後、不眠障害治療の為に通っていた精神科医に「私は自閉症か」と尋ねると、「貴方はアスペルガー症候群ではなく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

取合えず、薬は留保しろ

本日のクローズアップ現在において、発達障害発達障害児に抗精神薬の投与が問題になっていた。 酷い例では、1、2才から服用させているそうだ。 精神科医は自信が無いから、抗精神薬を処方しているに過ぎない。 発達障害において、問題となるのは、前頭前野が巧く機能しない事による。 しかし、それを分らない精神科医は薬に頼ってし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more