テーマ:投資

NYダウ12年ぶりの安値、明日1機にマグマ噴出なるか

予測通り、魔の木、金曜日になりそうだ。 NYの下げ圧力のマグマは溜まり続けている。 AIGやGMのクラッシュに見られるように現在の米国経済は悪材料に事欠かない。 底流には不動産価格低落が泥沼化している事に拠る。 このマグマという表現は悪材料と言う意味ではない。 これまで投資家が投資に失敗した落胆からくる損失を少なくしたいと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NYダウ、魔の木・金曜日は来るか

今朝のNYダウは取合えず2月に入ってからは4番目の節目、09年になってから2段下げ、大きな相場展開からみれば3段下げの最終章に入っている。 下げ相場の決着は何時も大崩が定番だ。 今回の下げは、8千5百ドルから2千ドル近く下げて暴落と言って良いだろう。 このブログで度々言ってきたが、相場に溜まっている下げ圧力のマグマは可也の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

冗談でしょう麻生総理、解散こそ変革のキーワード

オバマ大統領の就任を受けて、麻生総理の記者会見がふるっている。 麻生総理から見ると、オバマ大統領とご自身の主張がダブルと言うのだ。 全くお話にならないというのはこの事だ。 支持率が8割を超えるのと、支持率が2割を切るのが似たような政索での国民の態度表明であれば、それは余程に思想教育をされていると言う事に相違ない。 日米は自由…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

それでもNYダウは上がっている

米国人は底なしに陽気だ。 日本人はそれ程でないのに悲観して先行きを暗く感じるようだ。 明日を持っているのは米国も日本も一緒だ。 現実に目を転じれば、米国の明日は来るのだろうかと思う程に暗い。 最大の関心事はビック3が立直るのか否かだろう。 今日にも米国政府はビッグ3救済策を打出すとロイターは伝えている。 しかし、どう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国・インドの需要に期待する

中国・インドは世界不況の煽りを喰らって木の葉のように漂っている。 先程のNHKのクローズアップ現代で聞いた所によると、製品価格と所得の割合が日本の昭和30年代後半にあたるようだ。 あの当時は、白黒テレビで金五郎等のお笑い三人組に止まらず、巨人・大鵬・卵焼と言われていた時代であった。 大相撲もプロ野球人気も凄かった。 プロ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

経済の本質は遣り繰り(風が吹けば桶屋が儲かる)

風が吹けば桶屋が儲かると言うのは、大風が吹いたら土埃が目に入り、めくらが増える。 めくらは三味線を買うので、その材料の猫ず居なくなる。 猫がいなくなれば鼠が増えて、桶を齧るので桶屋が儲かるというたとえ話である。 所で、NYではリーマンショックと言う大風が吹いて、草木である世界経済はなぎ倒されている。 10月だけで日本とド…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

官製バブルが弾けた中国

中国は共産主義国家であるのにバブルというのは可笑しいと思っていたが、今朝の日経に官製バブルと指摘していた。 当然、資本主義国家でもバブルが発生する前には中央銀行は金融を緩和しているし、政府も大きな公共工事を幾つもやるから、結果的に見て官製に違いは無いように見えるが、中国の場合は大きく異なる。 改革解放の掛声で始まった鄧小平の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

厭債害債x「DTCCによるCDSのデータ開示」について書いているので一言

記事を見ていて思ったことは市場であって市場で無いということだ。 支障と言うのはあくまで何の偏見も無く、己が感じた取引をするところに資本市場の長所がある。 これをかく乱し居るのは大口投資家だけかとおもいきやそうでは無いというのが厭債害債さんの実況である。 こういうことは金融の元場でいなければ中々目に付かないところであるが、市場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後の株化展開を占う要諦

金曜日は急落に始まり,それが持ち直したかと思ったら、引け際に急落して終った。 これは何を意味するかと言うと、丁度3ヶ月前に月末から月初に掛けて下げを演じている。 その時に、証拠金を積んで空で買っていた人達で証拠金の積み増しの出来た人達の手仕舞いであろう。 相場は、売り手と買い手が同数居て、成立つ。 如何に下げ相場の時でも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シティの株が下落しておるそうな

今日の日経平均が規制に対応しての空売りが引けに掛けて出てきたと言う事で、アジア株が下がり、果てはシティに迄及んでいる。 規制と言っても裸売りを規制したのみで、その内、売りそのものまで規制されると言う事で損をしない為の売りが入ったようだ。 中々、規制も全面規制に入らないと難しいようではある。 現実に、資金力のあるマネーギャング達…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

輸出企業は切替えを早く

円高の勢いは止らない。 0金利の円が1番魅力的ということだ。 円を持っていれば値上りするというのが世界の常識だ。 この20年近く0金利でインフレに見舞われない国家は未だ地上に日本只一国だ。 お金は金利の高い所へ、向かっていく。 この20年近く金融情勢はそういう方向で動いてきた。 0金利の日本で資金を調達し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日経平均9千円台回復、やはり規制は必要

今日の相場は丸1日、踏み上げの連続であった。 借り株なしで、空売りできるとは知らなかったが、ここまで売り込まれるのは株の手当て無しであったと言う事か。 証拠金だけで、空売りしていた人が梯子を外された訳だ。 無茶をしたらいかん。 なんぼ、日本が自由奔放と言った所で、限度と言うのがある。 そんなの昔はなかったけれども裸売り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日経平均は踏み上げから始まった

日経平均が高寄りで始まった。 NYダウの場合3ヶ月前から全くの高原相場が続くのに対して、日経平均は同時期緩やかながら下がっている。 詰り,独歩安の借り株の期日が来ていると言う事だ。 どうせ買わなければならないのなら寄り付きで買うのが日本なら、引け前に投げるのがアメリカ流だ。 日米で相場に対する取組みがこうも違う所に日…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

揉み合って、上げかけたNYダウだったが、最後は下がった

少し安値から入ったダウだったが、1日を通じて樅合いの展開であった。 FRBの大幅な短期資金を放出し、公定歩合も0.5%下げを受けて上昇心理が働いている。 しかし、丁度3ヶ月前から長い高原相場が続く。 ここで多くの信用買いの残が重石となっている事は否めない。 株価を上げようとする意思は高く感じる。 下がるに任せて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

農、魚、林業へのビジネスチャンス

食の安全が叫ばれている。 食肉加工のトップブランドの伊藤ハムに恒常地下水汚染が言われ,該当商品の店頭撤去された。 中国の冷凍餃子事件は迷宮入りした侭だ。 それを切欠に日本の食料自給率が4割を切っていると言う事情も叫ばれ始めた。 この30年間で日本の農林水産業は随分変った。 30年前までは3ちゃん農業と言われながらも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NYダウが下がらねば良いが

今朝、未明のNYダウの引けかたが気になる。 維持されていた株価が引け間際に急落すると言うのは日経平均でよく見かける。 投売りの兆候に他ならない。 罫線を見てみれば、三ヶ月前から高原相場だ。 その頃の、買いが残っていれば待った無しで売らねばならない。 それがこれから2月程続く訳だ。 素人目に見ても、NYダウは下…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

円高は国家の力の象徴である

円高を何故、悪材料として扱うのか分らない。 円高ほど様々な良い事の源泉になるものはないのではないか。 輸出製造業の目先の利益が減少する事を以って悪材料とみなすのは近視眼的過ぎる。 無論、円高が進む事によってその安くなった通貨の国家において値上げしなければ-になるのは必須だ。 しかし、そんな事をすれば隣り合う国家に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本株が大きく売られているが、これは世界の市場で日本市場が1番開かれている証だ

日経平均が先進国の中で最大の下げ幅を記録している。 これはマネーギャングであるヘッジファンドが最大の活躍の場所としている証拠だ。 透明性が高く、何が起きても支払能力に富んでいるから資金調達に東京市場で好き勝手をしているのが現状だ。 そかそ、これは裏を返せば日本のマーケットが世界で1番開かれている証拠でもある。 他…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

医療の問題を斬る

これも厚労省の失策に違いが無い。 地方公共団体に責任を擦り付けるのは見識が無さ過ぎる。 要するに、グランドデザインが出来ていないという事に他ならない。 ここ暫くは、この分野における技術革新は大きく変化していくと考えられる。 そういう中で医師の数を減らすという考え方をすること事態、公務員の保身所以ではないのか。 国民の命…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界恐慌を受けて、輸出製造業はどう変るか

輸出製造業は大きな転機を迎えている。 今回のバブルの遠因は日本の貿易収支の大幅黒字が長年続いた事である事は否めない。 これに近年の中国における世界の工場化が進行して、拍車を掛けた。 貿易赤字恒常国は、架空のお金を作らざるを得なかった訳だ。 そうして作った証券化証券がバブルを誘発し、弾けた現状を世界中に撒き散らせている。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

何処まで買い支えるアングロサクソン

狩猟民族と農耕民族の相違かと言う他無い。 欧米とアジアの対応の差をみれば、物理的なもの以外に、民族性の相違が大きいように思う。 日本人であればとっくに押し潰されるであろう重圧にあくまで挑戦的な欧米の姿だ。 この狩猟民族特有の民族性が大航海時代をも制圧し、世界の大半が欧米の色で染まった時代があった。 元々、大航海時代を切開…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本が変らねばならない

円高の流れは止まらない。 一時は190円代まで上がったと言う。 現在は193円代を推移している。 ロンドン株式を始として、市況は仏独をより大きく下げている。 世界景気を押し下げているのは日本のせいかも知れないと今夜思い出しだ。 よく考えてみるが良い。 日本は貿易黒字をこの40年ほど前から積上げている。 その…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

欧州でも崩落から始まった。この連鎖がNYダウに。明日の朝、起きるのが怖い。

連日のアジア市場での大幅続落を受けて、欧州の英・独・仏3ヶ国の株式市場は6%を上回る寄付きで始まった。 NYダウの連鎖を食い止めるべく動いたシティも連日の崩落には為す術も無いのだろう。 欧州市場でこれからどういう動きになるのかわからないが、崩落は崩落を生むものでもある。 こうやって書いている間にも下げ止まる気配所か、下げ足…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

日経平均は終わってみれば800円以上の下落だ

ロンドンのシティがどう操作したのか知らないが、高値引けをしたのを受けて、NYダウも値上りして終わった。 それを受けて、日本も上がらないといけないのだが、800円を超える値下がりだ。 何故下げたのかが解らない。 日本人は円高になると輸出企業の収益が下がるから株価に悪材料にしてしまう癖がある。 米国では反対で,ドル安になると…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

金融よ確りせよ

折角、世界のシティとしてロンドン市場がアジアまで続いていた下げの連鎖を断ち切ったのを受けて,下げそうな相場を支えた最後の砦であるNYも上げに転じた。 この惨憺たる想いを日本金融は知らねばならない。 男の踏ん張り所を持たないのが金融だ。 何かと言えば、数字を欲しがり、穴は拭かないのが日本の金融なんだろうな。 自身の自己資本の問…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロンドンで止った

未明に引けたNYダウは値上りして引けた。 ナスダックは下げが戻りきらなかったようだが。 NY市場は終日押したり引いたりの連続で、最後にはロンドンに背中を押される形でNYダウの値上りとなっている。 感じる事は自身達が世界を牽引するというプライドだ。 日本にはそんなもの1つもありはしない。 米国がくしゃみしたら勝手に風…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金融危機についての問題点

これ程、地球がグローバル化進んだが80年も前と同じような事が進行している。 色々と頼りにすべき行財政を見ても、色々と難儀な問題が多い。 この国の総理はホテルのラウンジで飲んだのを誰でも行けるという状態だ。 1国の宰相を引受けておいてそういう言動をすると言うのは既得権益者そのものではないか。 今夜、夫人を伴って国際会議…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

買付に飛んでいる小売業は居るだろうか

ユーロ安で輸出企業の収支悪化ばかりを言っているが、買付に行けば160円していたものが126円になるのだから、消費の陰る小売業界にとってこれ程悦ばしい事は無い。 当然、ユーロ圏も世界恐慌の渦の中であるから、強気の業界であれば別だが、下手をすれば実質半値になる可能性さえある。 食品に限らず、衣料にしてもここ1番で機動力発揮している所…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

株、信用評価損益率が4週ぶり改善したそうな

今日の前場も大幅な日経平均下落で始まった。 1時は8千円の大台割れを覗こうかと言う下げのきつさであった。 所で、日経ネットでの速報で先週末、久々に信用買い評価損が改善したそうだ。 この4週間はきつい下げであったから買った人の損はどれ程のものであったろうか。 リーマン破綻に始まった急落は粗2割5分にも及ぶ。 その間は、拡…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

これからが本番のNYダウの下げ

NYダウが初めて急落して始まった。 前日の投げが全部消化し切れて無かったのだろう。 400ドル程下げて、8千7百ドル付近でもみ合った。 日本であれば右肩下がりで下がるのだろうが、流石は米国だ。 しかし、良く見て欲しい。 3カ月前から2月間程高原相場だ。 日本の場合は、罫線の形や日々の相場展開を見ると、投げだと思わ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more