テーマ:経済

失われた20年

景気の話を始める前に、我々日本人が享受している平和の配当の話をしよう。 安部晋三自民党総裁は、何をと血狂ったか、憲法改正して自衛隊を国防軍としようと言い出したのは看過できない。 日本が二次大戦降伏後、敗戦国であるにも拘らず、世界で最も平和の配当を受けたことを忘れてはならない。 経済成長というのは平和があって初めて享受できるものだか…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

現状の日本

現在の社会情勢をみれば日本の国際競争力は韓国や中国に抜かれ、明日をも知れぬ国家になった感は否めない。 バブル崩壊から20年経った今、閉塞感に覆われ、3年前に高揚感を持って迎えた民主党による政権交代に失望しか浮かんでこない状況に追い込まれている。 しかし、ギリシャ神話に出てくる「パンドラの箱」ではないが、煌く明るさに彩られているのが希…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

野田総理は辞めろ

今日、野田・小沢会談が行われた。 両者の言い分は平行線であったようだ。 消費増税については、もっと先にやる事があるだろうというのが国民的合意だと受止める。 消費増税を主張する野田総理と谷垣代表は財務相経験者だ。 鳩山元総理が、沖縄の普天間基地移設問題で、「最低でも県外」と言っていたのを豹変させたのは防衛省官僚から…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

原発非依存と生活保護対策を一緒に

管前総理が米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」(電子版)に寄稿したと言う。 その中で「日本を原発非依存の国にしなければならない」と述べている。 あの大災害の中でリーダーシップを発揮してきたのだから、そういうのは頷ける。 既得権益でのエネルギー政策では原発依存にならざを得ない。 しかし、本当に守らなければならな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今の日本を考える

この数日のニュースを見ると、ブータン国王夫妻が新婚旅行に来て、その一挙手一頭足が話題になっている。まるで、あの橋下前大阪府知事が大阪都構想の命運を掛けた選挙戦が全く持って影が薄く感じる。 今日、記事を書く気になったのは、東日本震災に連なる福島第1原発メルトダウンに伴う除線費用が五百兆円を越すとの報に接したからだ。この金額は、現在の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドタキャンTPP

野田総理がTPP参加を表明するであろうと思われた記者会見が明日に延期した。 瞬渋して良い事は1つも無い。 悪し物ばかりが跋扈するばかりだ。 これまで日本経済は少しずつでも生産性を上げてきた。 この失われた20年において、罪があった最大のものは農政であったと言えよう。 次が行政の遅滞に他ならない。 死ぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見事なもの

昨日のブログで9月27日の空売りが759,900株あったと紹介した。それが昨日に744,000株買戻しが入っている。売値が835円として買戻し平均値が820円とすれば、凡そ1,125万円の稼ぎだ。見事なものだ。これも自身の持っている銘柄なればこその見物に他ならない。自身はじっと我慢の子なのだが。 この株は仕手が付いている事は間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼンショーは今が買い時

今日の株式市況は昨夜のニューヨーク株安を受けて、値下りして始っている。円高ドル安の昨今の状況では日本の屋台骨である製造輸出業は逆風を受けて、値下り気味だ。しかし、ゼンショーのような上盛を海外で製造し、輸入している会社にとって円高は収益増の要因でもある。しかも、不景気になればなる程、250円牛丼は世に受け入れられるというものだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明かに日本社会は病んでいる

日本経済の喪失感は米国経済病の延長線上に日本特有の捩れ構造が輻輳して出現している。 成長戦略を語る時、現在の喪失感を育むものを抜きには全てが砂上の楼閣となるだけで、失われた時代を繰返す延長線を歩むのみに終る。 米国経済病はその病巣の大きさに気付いたのは50年も過去に遡る。本土が無傷で補給基地であった米国は2次大戦によって深刻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精白米10kg2千円割れの衝撃

デフレも詰まる所まで来たかという衝撃だ。小沢幹事長は農家に所得保証をすると言うが、聞きしに勝る米価下落にどう対処するつもりなんだろう。賃金が下がって次は米か。無論、電化製品や車は値下りしていて当然なのだが。一昨日、大黒天物産の経営するスーパーで購入した価格が\1,880には恐れ入った。 昔は1番安かったはずの標準価格米は\3,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円高は止らない

円は独歩高を続けている。輸出関連企業からは悲鳴が聞こえてくるが、まるでお構い無しだ。それもそのはず、日本は対外純資産が2位の中国を100兆円も引離して260兆円を超えて保有している。少々の財政赤字があろうとも外国から見れば日本は金を貯め込んでいる訳だ。この裏には民間企業の涙ぐましい努力がある。 昨年度の民間大手企業のコスト削減…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

政治家・官僚・金融の重し

先程、内閣府の発表によると世帯あたりの所得が大幅に減っている。1億総中流を快哉を叫んでいた我が日本であるが、貧富の差は歴然としていて、真中が極端に細く、底辺が大きく膨らみ、富裕層も膨らんでいる。それと同時並行して日本の国際競争力は落ち、韓国や台湾に抜かれて27位と言う体たらくだ。 日本の産業構造は外需頼みに他ならない。その証拠…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デフレの真実

デフレ、デフレと世間では喧しいが、単にこの数年に亘って消費者物価が下がっている事実だけを捉えて言っているに過ぎない。スミソニアン体制以降も急激な円高に関らず、日本の貿易黒字は減るどころか増え続ける一方だった。その時に、世界のだぶ付いたマネーは日本に流れ込み過剰流動性によってバブルは起きた。 過剰流動性はインフレ圧力となり、日本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デフレの悪影響とは

デフレと言うのは需要が少なく、生産過剰により在庫が多くなって売れないが故に消費者物価が下がる事を言う。需要の少ない原因は社会的弱者の可処分所得が少なくなるからであって、既得権益者は可処分所得が減り様が無い。弱者は企業の不採算により賃下げになるが既得権益者は減るどころか利殖さえ視野に入れている。 この所の、小売業の価格値下げの原…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

デフレを加速させよう

デフレ、デフレと悪の元凶のように言い回っている。デフレで被害を被るのは多くの資産を持つ既得権益者である事を知ろう。しかし、日本の勢いを失速させているものは何かと言えばコスト高と言う事に気づかなくてはならない。この20年に亘って日本が転落した元凶はコスト負担が大きくなり過ぎて付加価値を食い潰しているからだ。 働けど、コストが高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億総白雉か

国を挙ってのデフレ大合唱だ。これが我が国家かと思うだけでおぞましい。水は引力に逆らっては流れないと言う事実にこれ程気付かない程にお気楽なのが我が日本民族なのだろう。バブル崩壊以来何が起きたか考えれば当り前のことを、表面に露出したことのみ問題にしてその底流に何が流れているか知ろうともしない。 円高という話は幾度も出した。円高によって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融は亀井郵政プランを黒船と受止めて、維新を起すべし

とうとう亀井静香金融・郵政担当大臣の言い分が罷り通り、郵貯定期の限度額が倍増した。これを民業圧迫と言うはた易いが、金融の我侭と言わねばなるまい。日本の製造業は円高と言う津波に襲われながらも技術革新によってそれを力に変えてきた。その製造輸出産業の進取性を金融は見習わねばならない。 これまで護送船団方式で守られた金融は守りだけで日本経…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デフレ脱却は不可能、ソフトランディングへ舵を切れ

世間はデフレ、デフレと大騒ぎしているが、デフレ現象は当然の経済現象であることを自覚せねばならない。元々経済活動自体が1部の既得権益者にのみ都合よく動く道理は無いのだ。「諸行無常の響きあり、盛者必衰の理を顕す」と言うのが人間社会の常であるという真理に目を背けてはならない。 日本はこの数十年貿易黒字を溜め込め続け、世界通貨のドルに対し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

真の景気対策とは

世紀を超えて1つの文明が終わり、新しい文明が幕を開けようと陣痛が起きている姿が現実の姿では無いでしょうか。 20世紀迄の価値創造はこのグローバル経済化する現代社会においてナンバーワンのみしか生存できない地球規模の競争社会になっています。 インターネット網は網目を益々小さくし、ITの進歩で我々の手に入れる事の出来る情報量は加速…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

進化した事業仕訳を

この所の鳩山内閣における責務を負うべき閣僚及び政務官のマニュフェスト実現について気弱な発現が気に掛る。事業丸投げを行う特殊法人等をあぶり出し、12兆円にも及ぶ補助金の見直しをして,予算を捻出するのではなかったのか。それとも霞ヶ関に入って各省庁の官僚に取込まれてしまったのか些か気掛りだ。 昨日、高速道路無料化に対して1千億円の予算が…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

3万2千人を超える自殺者達

自殺者が3万人を超えて、12年経つ。これ程に、自殺者の多い国家は他に無い。何しろ、一万人居ると3人が自殺をするのだから、こんなに自殺する国家はありはしない。この頃、自爆テロと言う言葉が耳慣れているが、そんなに多くの自爆テロはありはしないだろう。しかし、餓死比率の多い国家は未だありはする。 日本は古くから自殺大国でもある。外国人から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水は低い方から流れてこない

有名で有能であるはずの日本を代表するはずのコメンテーターから、「景気対策の為に円安」と言う言葉が出るのに耳を疑う。デフレ対策には円安しか無いと言う算数の分らない声に驚きを隠せない。無論、現在日本を牽引している輸出企業が1円円高に振れる毎に悲鳴を挙げているのは知っているが、彼等が稼ぎ出したドルこそがデフレの元凶と言う姿に目を背けている指導…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

95兆円掛る所を81兆円で済ませば良いではないか

少なくとも、民間企業では2年前に120円で売れていたものを、現実には87円で売って、尚且それで破産しないように経営努力をしている。その歪として派遣労働者と言う社会問題を引起してもいる。何故、行政だけが官僚のご都合で立てた予算を死守しなければならないのか、改めて政権交代をした根本を問いたい。 世間では、一時500円手前まで上がってい…
トラックバック:4
コメント:18

続きを読むread more

景気対策の処方箋

景気対策に財政出動が必要との議論が後を絶たない。殊に、亀井静香金融担当大臣の声は猛烈で、如何ともし難い。失われた10年で、あれだけ財政出動して、殆ど効果無かったのを忘れたのだろうか。現実に居ると良いのは、政治屋でなくて、経済学者なのだ。日本経済を冷静に分析して、有効に対処する頭脳が必要という事だ。 この45年の間に日本の円は、対ド…
トラックバック:8
コメント:18

続きを読むread more

亀井静香は黙れ

テレビに出て、とうとうと喋っている姿を見ると、困ったものだと頭を抱えざるを得ない。この人が新政権における閣僚であるから、致し方無い話ではある。日本において何が問題であるかと言う問題が全く分っていず、景気対策において2次補正予算を組む話でも予算規模が大きい方が良いと言っているのだから話しにならない。 昨日の体ドルレートは84円台に乗…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

円の独歩高に対して行政コストを下げて対応せよ

14年振りに86円台を付けた、円であるが、ユーロに対しても値上がりが続いている。基本的には自国通貨が強いと言う姿は良い傾向であるが、国内経済に歪みが生じる所に経済運営に難しさが生じる。多くの輸出企業はレートが上がる毎に悲鳴を上げているが、行政コストはドル換算で言えば割高になっている事を忘れてはならない。 過去において、失われた10…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

バブル崩壊以後、味わった日本の痛みはバブルによる高コストが基

現在、起きている物価下落はニクソンショックの後数年で起るべき現象であった。所が、日本政府が取った政策が高コスト経済を誘導、詰り消費者物価上昇とそれを上回る名目賃金の上昇した為に1億総中流と言われた経済を実現したがその副作用としてバブル経済を誘発し、投機一色の国家様相を呈した訳だ。 バブル経済を受けた宮沢内閣は超緊縮経済を発動し、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民の痛みを和らげるには

全ての業界で値崩れを起している日本に菅副総理は「デフレ」宣言をした。多くの企業で冬のボーナスは大幅減額となり、少々の値下げでは消費は帰って来ないようだ。楽天やユニクロ等、一部の小売業のみが増収になっているが、大方の企業は身を切る想いをして販売努力を続けている。 この侭、放置すれば日本の経済基盤はガタガタに成りかねない。このどうしよ…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

民主党は「審議拒否」、自民党は「強行採決」と言うが

攻守、所を変えてしまった民主・自民の関係。この8月までは麻生内閣は直近の民意である参議院で反対された法案を、衆議院で2/3以上の議席で再可決ばかりしていたのが、昨日のように思い出される。主張が違い、夫々が優越を競い合う政治の世界では当然の事かも知れないが、国民を尻目に見ているかの点は頂けない。 何が悪いのかと言えば、鳩山総理が新政…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

何故、大型電気店出店ラッシュなのか

10月30日に三越池袋店後にヤマダ電機総本店がオープンし、1万5千人の入場者を集めた。ここ愛媛県松山でもケーズデンキが大型店舗を出店している。家電量販店は変に時代錯誤しているのではないか。百貨店が衰退する後追いで、傷口を広げるのでは無いかと不審に感じている次第だ。 民主党政権が誕生して、時代はコンクリートから人へと投資対象が変化へ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more