テーマ:生き方

民主・鳩山新代表「力を結集して日本の大掃除を」

鳩山由紀夫さんが岡田克也を制して民主党新代表に決まった。 2度目の代表としてのチャレンジだ。 日本の諸々の体制は根詰まりを起こし、成長するはずの経済が世界で1番の経済減速に襲われている。 既得権益層の既得権益を守る脂ぎった油脂が根詰りの原因である事は言うまでも無い。 人間、いい目をしだすと碌なことはありはしない。 先ず第一…
トラックバック:24
コメント:4

続きを読むread more

ソウルへ来て早や2週間、あっちへうろうろこっちへうろうろ

生活の見通しは大分経ち嬉しい事に銭湯が近くにあった。 最初は聞くだけで違和感があった韓国語の響きも耳慣れし、そろそろ来週位から会話を練習する予定だ。 勝手に喋るだけなら、カン文字を振った会話文例集のカナを読めば良いのですが、相手が何を返してきたのか分らないでは会話は成立しようも無く、成立させるには相手が何を言ったか何度も聞き返してで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日の逆の道を歩くと壮大なパノラマだった

昨日、迷込んだのは駱山公園と言う景勝地でした。 冒険好きの筆者は昨日の反対方向から登り、碁会所のある方向に下りる積りで午後3時にコシュウォンをでた。 兎に角、漢城大学を目指し、一路信じた道を歩んだが、やはり一路ずれていた。 教えてくれた人に会釈をし、気を取直して漢城大学の正門まで来た。 守衛さんにどの道を行けば良いのか聞くと…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

目的は達さなかったけれども、痛快な冒険散策

故郷へ残してきた母に郵便を出そうと思い、昨日ネットで捜し当てた碁会所を見がてら昼過ぎに出かけた。 ハイソウルフェスティバル 2009 で郵便局は休みだ。 碁会所も見当のつく道端と思い、安易にすぐ見つかるかと思い出かけたが、見付らない。 碁会所は住所をハングルで書いて、日を改めて探す事にした。 そのまま帰るのもしゃくなので、横…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

渡航前と韓国生活への移行

韓国へ行くに当って、渡航前に様々な手続きが居る。 インターネットで調べると余りに簡単に様々な情報が分るので気軽に考えていたが現実は大変だった。 渡航がゴールデンウィークと重なった事が大きい。 予約をしなければと気が付いたのが4月も半ばになってであった。 ネットで調べて情報を得ていたので気軽に考えていたが、結構満席になっている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

韓国滞在記

韓国行きを決心したのは、2月半ばの事であった。 元々、自閉症研究に一区切りが付けば、四国遍路の旅に出る予定だった。 無論結果的にであるが、自閉症研究の最終結論は出ていない。 仮説を立てる為にも発生学を学ぶ必要があるからだ。 色々と原因遺伝子研究が盛んであるが、実際にどの時期においてその遺伝子が発現するかが重要だ。 本来なれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コシュウォンでの生活

ブロ友である風子ちゃんからアパートでも借りてと言うコメントがあったので、今住んでいる状況を述べる。 現在、韓国に来て4日目になるが、初日の夕刻にはこのコシュウォンに到着した。 同じビッグローブでブログを書いている人が住んでいるので、メッセージ機能を利用してお願いした。 雅に幸運と言う他ない。 大体ブログを読んでいて、見当を付…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

そろそろと日常生活へ

今日の東大門行きは失敗だった。 不夜城と言われる如く、夜になって栄える街なのだ。 一昨日の南大門市場は同じ時間帯でも賑わっていたのに比べると夕刻から夜にかけてが見所なのだろう。 それでも800円の普段着にするシーンズを買ったのと牛肉の匂いに引かれて入った大衆食堂の料理が案外安く、大満足だった。 要するに、牛肉の骨を煮込んだス…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今日は2009 宗廟大祭

5月1日からソウルに入っているが、機動部隊とメインストリートの屋台の多さには驚く。 昨日2日から10日迄、宗廟大祭を中心にハイ・ソウル・フェスティバル2009が行われ、そこでは祭りを中心としたエンターテイメントが繰り広げられるようだ。 スケジュール表をリンクしておく。 昨日はネットで知った教保文庫に行って来たのだが、この書店に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

予定変更

貧乏旅行で釜山から高速バスでソウルへ行くつもりであったのをKTXでソウル入りした。 ソウル駅に着いたのが午後一時過ぎだった。 釜山を発ったのが10時20分だったから、3時間弱で着いた勘定になる。   色々と言葉の通じない所で迷うよりもソウル駅に到着できたのは有難かった。 待合せは5時であるので、荷物は重いが歩いて行く事にした。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

さあ、出発だ

この住まいを5時半には出発しなければならない。 5月1日の朝は釜山港に着き、釜山国際旅客ターミナルで円をウォンに両替して、地下鉄1号線中央洞駅に向かう。 中央洞駅が112番で老圃洞駅が134番であるから乗って22番目の駅で下りる訳だ。 中央洞駅から歩いて直の所に釜山総合バスターミナルがある。 切符を買い、バスを待ってソウルに…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

社会のお荷物認知症にならない為に

タレント清水由貴子の自殺から仕事を辞めて自身の父母を介護する人の痛みにスポットが当っている。 介護者に対する心のケアが大切という事だ。 それ以前に、病に倒れ、痴呆になる人が年々増加していく姿には恐れさえ抱かせる。 病の大方は生活習慣病と言われる位、日常生活の心掛けによるものだ。 心したいものだ。 一方、痴呆は自身の脳の存在…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

いよいよ明日は旅立ちだ

明後日に旅立つ日が迫ってきて、少々パニクって居る。 大方の人は日本ではない外国ですよと大仰に警告してくれるのですが、決めた以上止めれば後悔しか残らないだろうから意を決するのみだ。 実は30年前に、矢張り一人で台湾へ旅立った事はある。 その時は現地で活躍しているブローカーからの誘いで行って、結果として輸入を諦めた経緯はある。 …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

歌手、女優である清水由貴子を死に導いたのは母のボケだった

人は脳によって生かされ、脳が望む方向へ歩む。 清水由貴子の硫化水素による自殺は日本社会に大きな衝撃を齎した。 あの人気タレントが芸能事務所を退職して僅か3年であったのに。 母親のボケが自殺を望む最も大きな動機のようだ。 ボケという問題は高齢化社会の足音が高まりだした頃、もう30年になるであろうか日本社会に大きな影を落した。 …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

日本に居るのも後5日、我家には4日を切ってしまった

長期に我家を空けたことの無い我輩が試みるソウル滞在。 もう4日も我家には居ない。 心置きなく、留守にする為に此処最近多忙の日々を送っている。 通院している病院に行き、向うで通院しなくて良いように投薬もして貰わなければならない。 これまで自身の果してきた日常における役割を如何に軽減して委譲するか。 渡航に対する様々な手続等。…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

メディアもインターネットも草薙一色

ワイドショウやネットは今、草薙剛が独占している。 あの修身の教科書に出てきそうなマスメディアの申し子だ。 昨日はこのせいで、宣伝を出している会社の株価が下落したので記事を書いたが見向きもしてくれない。 スマップと株価と言うのは水と油なんだろうか。 少なくともネット上ではそう言うことのようだ。 昨日も草薙剛がkizasiでは…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

後、10日でソウルの土を踏む

いよいよ、日本に居る期間は丁度10日だ。 それも、松山に居れるのは10日を切ってしまった。 ハングルの学習も遅々として進まない。 それでも、パスポートを揃え釜関フェリーの切符も買ってちゃくちゃくと準備は進んでいる。 順調な旅を望むが、全く経験の無い言葉の通じない国に行くから迷ってしまわない事を祈る。 釜山国際旅客ターミナル…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

聞かれると、矢張り嬉しい

自閉症関連の記事を書き始めて初めてメッセージで質問がきました。 矢張り、聞かれると嬉しいものです。 インターネット上で言い続けると言うのは、中々しんどいもので、反応があってこそです。 「はじめ」さんと結構やり取りをしましたが、矢張り質問がありそれに応える方が良いものです。 このブログで自閉症について綴っているのも、ネット上で…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

すべての悩める自閉症スペクトラム者達へ

自閉症に被患して、成人した人達は無用の悩みを多く持っているように思う。 このブログでは自閉者の精神年齢が半分だと断言している。 そう考えれば、もっと気楽になり周囲の支援者も理解が深まると信じる。 20才になると、成人式を迎え、大人としての行動を要求される。 普通であれば、10才にもなれば充分に自立も出来、貧しかった頃の日本で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

近くてもやはり外国の韓国

一昨日、このブログのメッセージ機能で、1ヶ月料金45万ウォンの内10万ウォンを内入れするように口座名義人(多分コシュウォンの管理人)と銀行名、口座番号を記したメッセージが届いた。 その時は、翌日が土曜日と勘違いして週明けに振込む旨返信をした。 目が醒めてみると金曜日ではないか。 10時前に何時も使っている銀行の支店に行くと、ウ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

韓国と言う文化風土を知ろう

少し前にドラマ「冬のソナタ」が火付け役となって、韓流ブームが沸いた。 我が大和民族は純血種と思っている人が多いようだが、その大部分は朝鮮半島のもの乃至それを経由したものだ。 「何を教えるか」で、カルチャーの連鎖部で倭族の紹介をした。 1万年前に稲作文化を持ち、揚子江流域で高度な文明を誇っていた民族が黄河文明に追いやられて四散し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

韓国へ

いよいよ韓国行きの具体的スケジュールが決った。 満60才になって2日目の4月29日緑の日に夜行のフェリーで小倉へ立ち、翌朝関門フェリーで門司へ渡る。 良い旅立ちの日となる事を願う。 4月30日夜下関港から関フ釜フェリーに乗る予定なので、1日下関をブラブラする事になりそうだ。 5月1日朝に釜山上陸だ。 早速、釜山総合バスター…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

来た、見た、勝った

「来た、見た、勝った」と言うのはジュリアス・シーザーが最短の手紙と称されるものではある。 簡潔に勝利を報せた手紙であったが、今日のWBC決勝で見せた姿はそのものでもあったようだ。 そのもののようであったと書いたが、9回1アウト迄しか見ていないので、6時前に歯医者で聞いたニュウスは雅に来た、見た、勝ったであった。 兎に角、岩隈の…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

WBC決勝へ、第1位予選通過で

今日の試合は4回裏から最後まで見させて貰った。 結果的に、4点差と言うワンサイドゲームだったのだが、7回裏迄息詰るゲーム展開だった。 6回の表、先頭打者ホームランをマー君が打たれたのには痺れた。 息詰ると言うか、テレビ観戦すら手に汗をかいてしまった。 今日の試合はイチローと気持が共に添ったかのような試合展開であった。 イラ…
トラックバック:31
コメント:2

続きを読むread more

昨日4千pvを初めて記録しました

書いても書いても中々増えないアクセス。 TBやコメントを書き、昨年の初めから随分努力しました。 本当に努力されている方々から見ればまだまだ雛なのでしょうが、遊びの範囲では限界でもあります。 哲学・経済・政治・発達障害と全て正面から向き合っているのですが、向合い過ぎてTBやコメは中々増えません。 正面過ぎるのが悪いのかと、随分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小泉疑獄だって、あ~驚いた

昨夜、道後温泉本館での湯に浸かりながらの話だ。 何時も色々と文芸的な事を教えてくれているAUさんが「小泉疑獄」と言い出した。 余りの事に、ふんふんと話を聞いてみると、尤もらしく真顔で話をする。 ブログの記事では色々と出ているが、温泉で出てこようとは思わなかった。 話は以下の如く展開する。 JT工場跡地に九州に引続いて広…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

麻生総理、墓穴を掘った

とうとうやってしまった。 よもやと思っていたが、総務相時代に本当は郵政民営化は反対だったと言い出した。 言うなれば、その時に言っておけば良いものを。 信念の無い政治家と言う証があからさまになってしまった。 総理にさえならなければ良かったと思う。 曽祖父が大久保利通、祖父が吉田茂の上に麻生財閥の当主と来ている。 尊敬さ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

お気楽が過ぎる麻生総理

今朝の新聞を見て驚いたのが麻生総理のお気楽振りだ。 定額給付金を配って景気が持ち直せば支持率が上がってくると思っているようだ。 景気を良くするということ事態が分っていない。 オバマのようにGDP3.8%も上げる程の景気刺激策を取ってこそ景気云々が言える。 日本でそれ位やれば確実に景気は上向くだろうが、米国は遥かに深刻なの…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

新成人へのバラード

健康で成人を迎えた方々に「おめでとう」とお慶びを申上げたい。 無論、何等かの障害があっても健康である事には違いないのだ。 人によっては様々な困難を抱えている人が多く居られます。 しかし、不自由な分だけその不自由な事柄に対して自覚を持って新成人を迎えられた事は素晴らしい事です。 私は本年正月は61のお祝いになります。 要する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

裸の王様

「裸の王様」はアンデルセン童話の代表作だが、年末になって言うのは麻生総理に他ならない。 2つのKYを持つのだから、そう言われても不思議ではない。 不支持率が支持率の実に4倍にも上る。 秋葉原やハローワークに出向いた総理の発言は真にトンチンカンだ。 真に独り善がりの王様である福田前総理がお気の毒という他無い。 客観的に見…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more