テーマ:

旅立ちの朝

実は、昨日の昼から今まで寝続けていた。この旅は誕生日の翌日に旅だっていて、誰しも新規行動に反対する大厄に当っていて、今まで何も無いのが可笑しいなと思っていたのだがとうとう夏風邪を引いてしまったようだ。一昨日、昼間飯屋で十分に酒を呑んでいたのに晩酌が余分だった。 体が弱っている所へ、朝方クーラーが掛り体を冷やしてしまったようだ。一時…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

山の彼方の北岳山

これが例の登り口だ。何時もの腹ごなしの散歩コースの途中でもある。散歩コースは行が30分、帰りが25分と丁度良いコースなので愛用している。 その登り口の隣で撮影したのが山の彼方にある城壁と右に三青角と言う寺が見えるのが分るだろうか。 今日はこれを追って登っていき、北岳山を紹介しよう。 大分登ったのが分るだろう。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盆と正月が1度に来た

鷺梁津水産市場に行ったのは書いた。買い物を済ませて買い物を済ませて황제회양념집という店に入った。実は、この店は直訳すれば皇帝御用達味付店なのだが、知らなかったがこれが2度めの訪問で刺身と鍋物が食べたいと注文すると、 何と二人前ずつ、絞めて1人の客な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物の分った年寄りと中学生との対話は楽しい

韓国政府のスポークスマンの発する「歴史問題」と言う言葉にはうんざりする。うんざりするけれども、我が日本から多くの利益を供出させようとの恣意的表現にうんざりしない日本人は居ないと思う。 今日は韓国の台所可楽洞農産物市場へ行く事であったが、その規模が大き過ぎて展示場慣れしている筆者にも辟易とさせられた。大蒜や西瓜はこの時期に行けば誰に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

嘗て、迷込んだ道から東大門へ行ってみた

日韓辞典を買う為に東大門の古本屋に行くべく、久しぶりに歩いていく事にした。我がコシュウォンは地下鉄4号線の漢城大入口駅より、大学路に寄った所にあり交差点を左折すると、大学路に入り、程なく恵化駅に到着する。 その1番手前の地下鉄駅入口の手前で左折し、山登りが始まる。 山登りといっても、暫くは飲食店の多い繁華街を登っていく。 ここで、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天空へと続く城壁

韓国軍基地まで少し前に登り切った記事を紹介した。 昨日、昼飯の腹ごなしにその先を探索すべく歩いたのでその景観を紹介しよう。 天空と言うのは上記写真の真ん中にある小さすぎて分り難かろうが、微かに見える城壁だ。 これは登る途中で同じ場所を撮ったのだが、結構高度差があるのがわかるだろう 韓国軍基地のある所から下り道に入る。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

これが我が部屋

男所帯に蛆が湧くと言いますが、このたった3畳しか無い我が部屋には蛆が湧きようが無い。 ドアを出て、正面から撮った写真がこれ。 右に洋服ダンス左にシャワー付のトイレです。 次に紹介するのが、その反対側の内側から撮ったドア。 右側には火災報知器、左側には非常用の懐中電灯。 この懐中電灯には充電式のリチウム電池が入っていて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

不況感漂うソウルの街

昨日、地下鉄に乗りソウル駅前のロッテマートへ行ったのだが、このスーパーマーケットは広い。ワンフロアーで野球ができようかと思う程の広さがあり、値段も結構セールの表示があって安いと言う印象を持った。これなば先日のミアサンゴのスーパーより色々と安く買えそうだ。それと、ソウルへ来て初めて知らない日本人にも出会った。 このコシュウォンでは人…
トラックバック:18
コメント:4

続きを読むread more

今朝のソウルはどしゃぶり

天気予報では降水確率100%、にわか雨となっているが今朝の我が住いの前は土砂降りだ。 人は傘を差し、単車や自転車の人は合羽を着、車は水飛沫を上げる。 こういう日は露天の人はどうしているのか気になる。 まだ、屋台の人は大丈夫なんだろうけど。 彼らの運搬手段の大半は単車によるものだから、商品が雨に濡れないようにするのが大変だ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ソウルの景観

ソウルの景観といっても、ソウルに未だ20日も居ていないので、ここ城北区から西南に当る繁華街及び東南の京東市場までしか見ていないが、ソウルに漂う空気は多少掴めたような気もする。韓国の人は基本的に朱子学の精神が浸透しており、日本人に比べても旅人に優しく親切な人が多い。テレビで報道されている反日感情も旅人には別なようだ。 幹線道路は整備…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「何を教えるか」を求めての旅

現在、私はブログで「何を教えるか」というテーマで書き綴っています。 それは、奥の細道宜しく「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。」ではないけれども、充てがあるようで無い、けれども見つけなければならないという思いでやっと一回千百五十文字を十回校了したところです。 書いてみれば、書くほどに色々な思いが湧き出し、当初書こうと考えた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more