よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「何を教えるか」を求めての旅

<<   作成日時 : 2006/09/08 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

現在、私はブログで「何を教えるか」というテーマで書き綴っています。
それは、奥の細道宜しく「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。」ではないけれども、充てがあるようで無い、けれども見つけなければならないという思いでやっと一回千百五十文字を十回校了したところです。
書いてみれば、書くほどに色々な思いが湧き出し、当初書こうと考えたものと色んな意味で違ったものになっています。
書き始めは、国会で「教育基本法改正案」が持ち越しとなったのを受けて、現代の青少年の惨状を見るに偲びず、我が出来る事は無いかと思って居た所で、パソコンを購入し、Biglobeにプロバイダーを乗換えた処、ブログなるものに出くわしたのがそもそもの始まりです。
ブログの書初めに五十七年貯めたものを少しずつ書き出したのが「何を教えるか」であり、微力ながら教育論議に一閃をさす事ができればという儚い想いを強く持っております。
書起しは、秋田県で我が子を殺し、同じ並びの幼子を惨殺したという事件から起しました。
次に、規範とすべき人間像について書いています。
それに続いて、人間の業とでも申しましょうか、悪い姿が表に出る様を四回に亘って「人間というもの」という題で記しました。
現在は、小説「坂の上の雲」の読後感想文として、無邪気に理想人たらんとした人々を列挙しておる最中です。これらの無邪気な理想を演じる人々は何処から来たって、どこへ去っていったのか。そして、去らしめたものは何だったのかを探す旅でもあります。
そこで、鮮明に現実のどういう政策が良くってどういう政策や制度が悪いのかが鮮明に見えて来ると信じて書き綴って行こうと思っています。
より多くの人々に見て頂いて、真の政策立案に役立てば良いと考えます。
又、「子供の未来を考えよう」というサークルでは『ブログ「何を教えるか」一問一答』『研究』『人生』『人格』というテーマを設けて議論を活発にしようという動きもあります。
中々、終わりの無い旅ですが、終わった頃には自身の成長も楽しみにしたい旅です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
子ども殺しの事件は、秋田ではなかったでしょうか。
首藤
URL
2006/09/08 16:32
つっこみブログのものです。
コメントありがとうございました。

自分も、『何か自分にできることはないのか・・・』というところから、
ブログに行き着きました。

半分以下の歳のものが、何だかんだ偉そうに言うのも幼く思えるかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。
SHIN
URL
2006/09/26 12:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「何を教えるか」を求めての旅 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる