よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公務員制度の改革

<<   作成日時 : 2007/08/13 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

政治体制は選挙制度が変われば大幅に変わるであろう。

問題は公務員の制度改革だ。

日露戦争で問題になったのも官僚の腐敗というのは前述の通りだ。

社会保険庁を引合いに出すまでも無く、現在の公務員制度には大きな歪みが存在する。

これには2つの要因が挙げられる。

1つは『小説「坂の上の雲」の教えてくれるもの』で取上げた官僚特有の怠慢と上司しか見ずに本質を見ないという事実がある。

この対策には言志四録に詳細に述べているので別の機会に詳述したい。

2番目にITが仕事に入る事によって、それまでの仕事が自動化され、絶対仕事量が減ってしまっている事である。
現在は、様々なコンテンツをデータベース化しているので未だ仕事が増えていると感じるかもしれないが、データベース化が完了すれば仕事は殆ど自動化され、既存の仕事は全くと言って良いほど無くなると言っても過言ではない。

耐震偽装問題で明らかになったように、今まで人手が足りないからしていなかった問題が多々ある。

安全・安心に関る仕事は十分に出来るようになるはずだ。

これも当初は、手間が掛るが、年数が経つ毎にIT化が進むはずで人手少なく仕事が進捗するようになるだろう。

では公務員は大幅に削減すれば良いのか。

そうではない。

現在敗者・弱者と呼ばれている人々に手を入れる仕事が残っている。

競争社会の中で勝ち残っていくのはオンリーワンのみに見える。

そして残りは脱落しているのが現実だ。

脱落していく人々は納税できないのみならず生活保護を受けない迄も様々な行政サービスに対して非課税扱いの費用を食う存在でもある。

そういう存在を何らかのインフラを加える事で自助努力をサポートしたり、そこまで行かない人々にその人なりのオンリーワンを気付かせ実現をサポートする仕事がある。

詰りはそういうビジョンを作り、スクラップアンドビルドしなければならない。

辞めさせるのでなく真のリストラを実行する事が真の公務員制度改革に繋がり、真の財政改革になるという訳だ。

そういう議論の出来る人たちばかりが国政に参加すれば実現可能であろう。

選挙制度改革を行わねばならない訳だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
公務員制度の見直しも確かに必要になってきていると思います
IT導入による、人員削減は是非やってもらいたいと単純に思う私ですが・・
なかなか・・思うようには行かないのでは??
(こんな事くらいしかコメントできません・・)
風子
2007/08/13 19:03
風子さんようこそ。
人員削減すれば良いというものではありません。政府には民間のお手本になって頂かなければいきません。IT導入して、人員削減しなければならないのであれば、どんどん仕事が無くなりワーキングプアが増えてしまいます。IT導入して、人員削減するんで無く税収自然増となるよう行政には頑張って頂かなければなりません。何しろ霞ヶ関は優秀な頭脳集団なんですから。それで、例えば金融とか運送であるとかインフラに関する産業が右へ倣えなんですよ。仕事が増えなければワーキングプアは無くなりません。全ては運用次第です。風子さん難しいでしょうけれども最初から読返して下さいね。
hbar
2007/08/13 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
公務員制度の改革 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる