よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒い冬は鍋に限る。

<<   作成日時 : 2008/01/18 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

鍋と言えば先ずは水炊きだ。
何代、土鍋に昆布を入れて火に掛ける。
白菜があれば十分に美味しい。
無論、豚肉とか鶏肉があれば余計に美味しい。
火に掛けて10分そこそこで食べれるのが腹が減って我慢が出来ない時はこれ以上はない。
何を入れても良いのが水炊きの良い所だ。
野菜であれば、大根、人参、椎茸(茸ならなんでも)、牛蒡と何でも良い。
ひょっとすると入れた事は無いがトマトも良いかも。
トーフ、油揚げと何でもこいだ。

大体、鍋料理というのはおでんにしても鋤焼でも何でも来いだ。
おでんに至ってはかたじとか蒟蒻それに竹輪と何でも来いだ。
外国のブイヤペース等も似たようなもので入れるものに注文を付けないのが鍋の流儀だ。
その中でも唯一考えねばならない事は出汁を引く事であろう。
何でも入る代わりにそれを入れる元の出汁が大切という事だ。

所謂顆粒だしというのがあるが、あれで十分に出汁を取れば塩から過ぎる。
塩辛いのが好きな人はそうでもないかも知れないが、何でも入れて、入れた物の素材の旨味を味あおうと考えれば塩味もじゃまなものではある。
やはり不精をしないで出汁を引くのが1番だ。
考え方では無塩の缶詰とか冷凍もあるが、メーカー品はグルソー等添加物があるという事だ。

鍋は美味しい。
何を入れても美味しい。
その為には十分な出汁を引こう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
寒い時は鍋に限りますね
鍋のだしは昆布を入れてとってます
その後、魚とかお野菜とか・・これらのものからも旨みが出るので、この汁が美味しいですよね・・
関西では、このお汁で、翌朝雑炊にして食べますよ
これがまた、絶品ですね・・
あぁおなかがすいてきた(笑)
風子
2008/01/19 13:47
風子ちゃんようこそ。
味付けも、和風に限らず韓国風・中華風・カレー味と楽しめるからね。
後で入れるのもご飯に限らず、饂飩、蕎麦、餅と何でも合うからね。
太るのを気を付けなければね。
Hbar
2008/01/19 13:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寒い冬は鍋に限る。 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる