よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国はどうなるか

<<   作成日時 : 2008/03/02 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

米国経済は悪い。
日本のバブル崩壊の時、政策失敗が重なった状態よりも酷いかも知れない。


金曜日の日経平均は安く、それに輪を掛けてニューヨークダウも下げた。
中小の金融機関は持ち堪えないものが多く出るとバーナンキは言う。
メガバンクの資本増強も必要だと言う。


今、メガバンクは高金利で金策に走っている。
あの当時日本も住専問題で大揺れだった。
中小金融機関破綻と言う逆風を受けて、高金利にメガバンクは耐えられるのだろうか。
何年か後、負担に耐えかねた時に公的資金投入は避けられないだろう。
もう1つドル安の痛みにも耐えねばならないだろう。


兎に角、貿易収支を改善しなければ、借金で経済を動かす体制は限界に来ているのは火を見るより明らかだ。
強い国家の基盤は貿易黒字に他ならない。
多分、オバマで決まりだろうが次期米国大統領の選択肢は狭い。

50年前の米国は敵なしで、貯まった貿易黒字で朝鮮戦争を戦い、冷戦構造勝利にどんどん使ったお陰で、日本の繁栄が実現できた事は否めないし、米国の再建に協力すべきだ。


どんなに言った所で米国の軍事力は圧倒的だ。
世界全部と米国を比較しても米国の方が核兵器を入れると圧倒的だ。
日本の国策として米国に積極的に協力して恩を売るのも大切だ。


兎に角、米国には復活して欲しい。
その時に、日本の実力が倍化するを願うものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメリカの凋落の始まり
 アメリカが世界一の経済力を持ったのはいつのころだろう。第一次世界大戦で重い腰を上げ、その実力を世界に示したが、実際に世界一になったのはそれよりかなり前の事だろう。第2次世界大戦後ヨーロッパの実力低下が明白になり、対抗勢力としてのソ連および共産圏がたちはだかったが、背伸びをしすぎて崩壊した。冷戦終結後は唯一の大国として世界に影響力を持った。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2008/03/02 23:48
「外資規制」は本当に正当化できるのかA(外資排斥論は本当に正しいのか:その5)
株主価値を高めてくれる経営者を選択する「株主」にとっても、 最適なサービスを選択する「消費者」にとっても、 「外資規制」はその「選択の自由」を狭めることになるため、 望ましいものではないことがわかった。 ...続きを見る
途転の力学
2008/03/04 11:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
不動産バブルと知りつつの業界挙げてのチキン・ゲームの中、ゴールドマン・サックッス一社が、顧客への情報開示無く、巧妙に売り抜けて昨年度、膨大な利益をあげたとか。

それと知らずに抱き合わせの不良債権を世界中にばら撒いたその責任が、まともに問われる事は、無いのででしょうね。やはり。

RSSの使い方が判らないので^^;;、お礼のコメントです。
goda
2008/03/03 15:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国はどうなるか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる