よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 虐待・ネグレクトが発達に与える影響

<<   作成日時 : 2008/05/31 12:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

講演では虐待・ネグレクトが発達に与える影響として慢性の免疫力の低下、成長障害、運動・言語・認知力の遅れ、不注意・多動性、社交性の欠如、愛着障害、自閉症類似の言動、ADHD類似の言動と8項目の多くを指摘された。

虐待・ネグレクトが生体に−のメソッドになると言う事だ。そして免疫力を初めとして肉体の持つ神秘的な働きが阻害されるのだろう。
この影響に対する癒しは何であろうかという疑問はいまや社会問題でさえある。
そうして、注意しなければならないのは愛情を与えている積りでネグレクト詰り無視をしてしまい、それに気付かない事だ。


発達の為に子供が真に何を求めているかを知る事も大切だ。
求めていないものを与え、求めているものを与えないという行為は結果的にネグレクトに他ならない。
人間は概して言葉では真実の反対を敢えて言う事も多い。
本当はして欲しいのに、して欲しくないという行動を起してしまう。

保護者やサポーターはそこらの見極めが必要だ。

過保護と言う言葉もある通り、過ぎたる愛情表現も考え物で、時には強いリーダーシップも必要であろうし、それへの抵抗に対処法も適切を要する。
様々な人間行為が織成して、夫々の発達につながるのだろう。

真に求めるものは自我の形成に他ならず、精神の発達はそれのみに収斂すると言って良い。

それは自身と他との境界を明らかにする事であり、その他というのは発語とか発達の段階で出てくる様々な現象も例外ではなく、全てに及びその最終段階において、第2次反抗期が営まれる。
ですから親離れの言葉がある如く親も例外では無い。

しかし、他を認識する為の基礎は親に他ならない。

父親を知っている人からは「あんたお父さんそっくりや」と言われ、母親を知っている人からは「あんたお母さんそっくりや」と言われる。

若い頃は辟易したものだが、発達の基礎を親に依存しているのだから仕方無い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ネグレクトって言葉も知らなかった私ですので、たいしたコメントも何もできませんが、
最近のわが子虐待の多さとかには心を痛めてる一人です・・

って、ここまで真面目にコメ書いて、
画面隣のhbarさんちの
ブログペット見たら
名前が「エッチ」になってました
ので、思わず笑っちゃいました(@^▽^@)アハ
で、その上に
「エッチな体験談取得ブログ」ってあって、もう、笑いっぱなしでした
(ここへ覗きに行く暇はありません)

面白い!!
さすがはhbarさん(* ̄m ̄)ププッ
風子
2008/05/31 19:11
ネグレクトというのは無視と言う事のようだね。人間における最大のストレスは無視が1番のようだね。風子ちゃんはコメすると意味分らなくても必ずコメ返して来るから嬉しいね。直、目の前に居る人を無視する神経はおぞましいね。
hbar
2008/05/31 22:06
私は、コメ頂いたらお返しするのを
鉄則にしております(?)
目の前にいる人を無視するって・・
私がですか〜〜〜?
そんなことしてませんよぉ(笑)
風子
2008/05/31 22:19
そういう意地悪も居ると言う事です。
Hbar
2008/05/31 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
虐待・ネグレクトが発達に与える影響 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる