よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国は重症だ

<<   作成日時 : 2008/10/17 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

たった今、「世界同時食糧危機」と言う番組がNHKであった。
それを見ると、米国の1人勝ちというのが実感と言う他無い。

しかし、今日の日経新聞を見ると、米国の不景気な話ばかりだ。
最大のシグナルは鉱工業生産が2.8%下落していると言う事だ。
GMやGEに代表される米国鉱工業が下落している。

その反面、農産品の米国寡占化が進んでいる。
日本がトウモロコシを使うようになったのは伊勢湾台風の時に36頭の豚とその飼料にするトウモロコシが送られて来たそうだ。
これだけ聞けば人道的で手を合わせたくなる行為だ。
雅に、仏教哲学の施行を行った結果と言うほか無い。


施に国籍は無いと言うことだ。
そう言えば、日本は敗戦後米国から随分支援をして貰っている。
朝鮮戦争はおまけのようなものだ。

恩は随分有る。
反米と言うのは非国民と言って良いだろう。


現在、米国のシティやメルリリンチは大幅な赤字を計上している。
三菱UFJが休日に小切手で手渡したモルガンの株価は10ドルを切った株式を28ドルで買い取った勘定だ。
結構、無理はしたのだろう。

リーマンフラザーズの破綻から1月が経った。
1月経って、出て来たことはサムライ債に止まらず、様々な証券化証券の実態が大幅に目減りしている事だ。
日本は未だ軽症ではある。


世界各地で国家破綻の噂さえある。

米国は改めて構造改革に取組んで頂きたいものだ。
やはり、大きな付加価値創造に繋がる製造業に力を入れる事に他ならない。
その為にはドルの切下げも検討しなければならない。

現在のマーケットではGMやGEでさえ国際競争力を失っていると言う事実に直視して欲しい。


やはり、米国は超大国だ。
それもまだまだ大きくなり続ける超大国に他ならない。

マネーに走るのを止めて、付加価値創造路線に切替えて欲しく考える。


日本がドル安に対して対応しなければならない。


それで初めて米国に恩返しが出来るというものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本共産党が二十五日発表した総選挙の基本理念・基本政策(各論編・その3)
 6、地球温暖化対策の深刻な遅れを克服し、「人にやさしく環境を大事にする社会」をめざす  日本を議長国として7月に開かれた洞爺湖サミットでは、世界が注目していた先進国の中長期削減目標についてなんの決定もされず、温暖化の影響を憂えている人々の失望をかいました。 ...続きを見る
未来を信じ、未来に生きる。
2008/10/19 12:22
16日 NY市場 反発 401ドル高
NY株急反発、401ドル高 上げ幅は史上10番目(共同通信) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2008/10/19 12:55
米小売売上高悪化からの日米大暴落
あがってさがってどうすりゃいいの!一見の価値あり。→→凄腕投資家が集まる為替村 ...続きを見る
こつこつ儲けて海外移住!-外国為替証拠金...
2008/10/19 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国は重症だ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる