よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS GM・クライスラーは法的整理を

<<   作成日時 : 2008/12/26 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

GM、クライスラーを1兆5000億円 の救済 緊急融資をした米政府だが、これで済む筈は無い。

要求金額は2倍だっかからだ。
この2倍と言うのも曲者で、借入を申込むにあたって再建計画が添付される。
それを議会が蹴っての今回の措置だ。

現在における行政の天下りを温存する体質と一緒で、浪費癖と言うのは直せるものではない。
今回の救済は無秩序な破綻を回避するものであって、整理の為に救済した意味合いが強い。
あれだけ大きな会社であるから、整理に対するプログラムを書くだけでも溜息が出る。

今朝の日経を読んでいるとシリコンバレー周辺で30もの電気自動車会社が起業していると言う。
税金で私企業を救済すれば、折角芽吹きかけている企業群の芽を摘んでしまう事になる。
やはり、自由競争こそ米国が超大国であり続ける礎に他ならない。

腐り果てた既得権益は潰さねばならない。
それでこそ若い新芽がその腐った腐葉土からエネルギーを得て、大樹となっている。

新陳代謝こそが自由主義経済のメリットだろう。
それを無くした55年体制の自民党と言う巨木が倒れようとしている。
田中角栄が現在の利権政党を作った。

それから半世紀弱の歳月が経つ。
濁った水に棲む人達は、その自身の身体を保たせている水が心地よい訳だ。
民主党にしても半数はそういう膿を内包していると感じる。


鮮烈な水こそ今の時代に求められている。


21世紀はシカゴで無く、シリコンバレーの時代に相違ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/26 10:47
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」
   ||| グローバル経済の「神々の黄昏」 ||| グリーンスパン、バーネンキ、ポールソン・・・・グローバル経済の神々の黄昏 一握りのユダヤ資本家に潰された米国経済は、オバマノミクスで救済できるか? ...続きを見る
米流時評
2008/12/26 15:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やる方法はあると思うが、自民は駄目だね、本当に。
さくら博士
2008/12/26 10:48
さくら博士さんようこそ。
腐った腐葉土から新しい芽吹きが始まるんですよ。渡辺嘉美代議士はその魁なんでしょうが。
Hbar
2008/12/26 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
GM・クライスラーは法的整理を よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる