よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公明党とは如何なるものか

<<   作成日時 : 2008/12/27 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

公明党の考え方はそうでしょうな。
何しろ、池田大作様々なんだろうから。
思想統一してしまうと、自民党と言う党自体が無くなると言うことが分っていない。

自由に意見が言え、その上でお互いの自由な立場を認め合ってこそ民主主義国家という事が分っていない。
そもそも公明党と言うのは可笑しな党だ。

この松山から豊かでもない多くの人々が都議会選挙だと大挙してバスに乗って応援に行く。
そこらへんのおばちゃん達がだ。
選挙だと言えば、言い難い私の所へ一生懸命足を運んで来る人達の上に立っている事を自覚しているのか。
自覚していれば、もう少しましな言い方があろうと言うものだ。

そもそも自民党も可笑しい。
古賀選対委員長が比例区の事を言い出すとは。
公明党の固定票が有難いのではないのか。

執着するから駄目だと腹が括れないのが良い大人のやっている事だ。
現在、胡座を掛けている衆議院での圧倒多数では、大方を押し切った小泉元総理のお陰ではないか。
批判したいなら離党してから仰ったらと言いたいが、当のご本人はニヤニヤしているだけだからな。

大体、人間革命を言う公明党が与党と手を組んでいること事態甚だ可笑しい。
日蓮聖人は草葉の陰で泣いているのではなかろうか。
小渕さんの時もそうだったが、何故定額給付金なんだろう。

真の寂光浄土は定額給付金では購えない位分りそうなものだが。
公明党の偉いさんには分らないらしい。
本当に日蓮聖人は草葉の陰で泣いてはる。

あのおばちゃんらの想いを踏みにじるものではない。
自身に対して真の声を発して欲しいものだ。
少なくとも日蓮聖人の声は真に満ち満ちていたはずだ。
情けの日蓮だもんな。

日本は民主主義国家であることを忘れてはならない。
何を言って困るようでは政権与党とは言えない。
それを「渡辺元行革相は離党を」と言う公党の役職と言えるであろうか。

ええ加減にして欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政治家たるものの心得
安倍・福田と続けて日本の総理が自らの政権を投出した。 今ほど総理の資質を問われている時ではないのだが、麻生首相も今1つぱっといない。 ここでは過去記事にリンクを貼って置く 公明党よお前も道路族なのか(2007/11/27) 公明党は国民政党では無かったんだ(2007/12/26) 政治家は国民に範たる背中をみせねばならない(2008/01/21) 東国原旋風は凄い(2008/01/28) 基本が間違っている(2008/01/28) 橋下次期大阪府知事に期待する(2008/0... ...続きを見る
よく考えよう
2008/12/27 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公明党とは如何なるものか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる