よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法改正をしよう

<<   作成日時 : 2009/02/08 10:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

現在の日本国憲法は概ね正しい形を持っていると言える。
しかし、敗戦直後の日本において作られたものは世界第2位の経済大国となった現在においては修正も必要だ。


象徴とも言うべき第二章戦争放棄は紛争の多い世界情勢を見るにつけ我国の誇りでもある。
只、今回のソマリアでの海賊騒ぎにも見られるように世界第2位の経済大国らしからぬ国内議論の種となっているのは嘆かわしい。
今回の海賊騒ぎのような事態には第9条の中に自衛権を盛り込むべきであると改めて考える。
自衛隊を憲法第9条の中で定義付けるべきだ。
その上で自衛隊員は誇りを持って国防の任に与っていただきたくい。

さもなくば、様々な環境激変で時の政府が折角の誇るべき9条をなし崩しにしてしまう恐れさえ危惧する。
集団的自衛権の問題も改めて憲法内で踏込んで線引きする必要がある。
中国・インド・イスラム諸国が台頭する中で、これからの日本の行末を踏まえた第二章とすべきであろう。


第3章第15条で政治家の身分に言及しているが、政治家が任命すべき官僚については一言も触れていない。
そこらも自衛隊同様現在の公務員が腐敗する温床となっているのではないか。
憲法内で自衛隊及び官僚の立場も明確にすべきだろう。


その他の所は触れる必要も無い程、見事に出来ていて可也自由度を持っているようだ。
最近、第4章国会の制度改革の議論が出てきたように思う。
しかし、現在の二院制は国民の世論を反映する制度として機能しており、1院制にした方が国会運営は順風に進むかもしれないが、政府批判としての捩れ現象は民主主義を守り、現在の憲法に適合するように考える。


安倍・福田・麻生と選挙の洗礼を受けない内閣が3代続いた。
選挙の洗礼を受けずに盥回しになった内閣の批判勢力としての捩れ国会や良しだ。
捩れ国会の中で上手に政権運営をするのが政治達者だ。


それの出来ない政権であるなら退場願うしか無い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
橋下・東国原両知事に任せようよ
先ずは国のあり方から考えたい。 現在の国家体制の骨組みは明治維新から始まっている。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/02/08 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
海賊は警察の範疇だと思います。海賊相手に自衛権を主張するのは一寸滑稽に感じられました。軍艦を出すなら海上保安庁の指揮下に出せば良いのではないでしょうか。
C
2009/02/08 11:36
Cさんようこそ。
警察の範疇としているのは現在での憲法下の事です。存在していて、その法的根拠が危弱な場合、暴走を招く恐れがあります。シビリアンコントロールを根付かせる為には憲法の改正を要します。
Hbar
2009/02/08 14:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法改正をしよう よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる