よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS NYダウ250ドル安で、11年9ヶ月ぶりの安値に世界経済は

<<   作成日時 : 2009/02/24 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

来るものが来そうだ。
株式市況の底打ちである。
無論、明日から反転すると言う話ではない。

リーマンショック以降、一旦7千5百ドル台を付けたNYダウは底を打つにはまだまだであった。
米投資家は世界の経済指標であるNYダウをリーマン以前の買い残による圧力に屈せず買い続けている。
米国は世界のリーダーと言う自負がその行為を呼んだのだろう。

買い続けた結果として下げ圧力のマグマは膨張したと言って過言では無い。
株価維持の為に買いを進めている間に経済指標の悪化は止まる所を知らず進行して行った。
下げに対するマグマは大きい。

この下げに入る前の高値が8千4百ドルであるから、6千ドル割れ位で下げ止まるのではないか。
現実経済はまだまだ悪化を辿るだろうが相場はそこから長い横ばいに入るだろう。
6千ドル弱になったとして、横ばい相場は7千ドル強で推移するものと考える。

先にオバマ大統領は景気刺劇法案に署名したが、その効果もこの秋位には出てくるはずだ。
今日、麻生総理がオバマとのホワイトハウスでの対談に臨むが、その主要議題はGMを破産させた後の始末を日本の自動車産業に託するのではなかろうかと推測する。
破産処理をし、身軽になったGMの経営が軌道に乗り、雇用が守られれば景気刺激策も巧く行くだろう。

もし、GMの雇用削減をこの侭放置すれば、景気の足を引張るのは明白だ。
麻生総理も重たい宿題を持たされそうだ。
粋は良い良い帰りは怖いと言う言葉がそっくり当て嵌まりそうだ。

それ以上の取決めは日本のカウントダウンの始まっている政局待ちであろう。
米国には早く立直って貰わねば困る。
できる協力はしなければなるまい。

今春、日本の本格政権が始動しだして1年すれば、底打ちした経済は新しい成長軌道に乗るだろう。


それにしても、ユーロ圏の回復にはまだまだ時間が掛りそうだ。


日本の強力政権の誕生を求める。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/02/24 09:45
米政府はGMとクライスラーを潰すのか?
どうやら、米政府はクライスラーを潰す気なのかな?という感じがするのですが・・・ ...続きを見る
つらつら日暮らし
2009/02/24 13:51
NY株 11年9カ月ぶり安値、東証 バブル後最安値に迫る
NY株11年9カ月ぶり安値 7000ドル割れ迫る {/pc2/}  週明け23日のニューヨーク株式市場は米経済の先行きに悲観的な見方が強まり大幅続落、前週末比250・89ドル安の7114・78ドルで取引を終えた。終値としては97年5月以来、約11年9カ月ぶりの安値水準となった。ダウ平均は下げ幅が一時259ドルに達し、7000ドル割れが迫った。リーマン・ブラザーズの経営破綻後わずか5カ月で、最高値のほぼ半値に落ち込んだ。 (http://www.excite.co.jp/News/economy/... ...続きを見る
ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
2009/02/24 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NYダウ250ドル安で、11年9ヶ月ぶりの安値に世界経済は よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる