よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 平和ボケした麻生総理と官僚

<<   作成日時 : 2009/03/01 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

建築家安藤忠雄氏は我が松山にとって「坂の上の雲ミュージアム」を設計して頂いた縁の深い人だ。

県庁の並びで裁判所の右の道を奥に入ると右手にその建物が見える。
松山にとって新しい人気観光スポットの1つだ。
松山市は城と温泉のある国際文化観光都市にも指定されている。
先日の読売新聞では「文学と温泉のある町」で日本1の栄誉も頂き、松山市民として鼻が高い。


その安藤忠雄氏が今朝の報道2001にゲストコメンテーターとして登場していた。
その安藤事務所での光景が紹介されていたが、怒る、怒る、目を掛けている人ほど怒るようだ。
そうして、広いオフィスで自身が情報一元管理できるよう配慮がなされているのにも驚いた。
トップは全てを掌握していなければならないと言う事実に身を抓まされる想いで見た。

その安藤氏が日本は平和ボケしていると言う。
言われてみれば、このブログで悪口を連ねてきたが平和ボケしているだけなのかも知れない。
麻生総理のお気楽さ加減は雅に平和ボケそのものに違いない。

官僚も平和ボケしているだけなんだろう。
平和ボケして、仕事も好い加減にやり、面倒臭い事は先送りし、引継ぎ事項のみ無神経に仕事する。
予算は使いきり、天下り先確保にやっきになっている。

確かに平和ボケしていると言わざるを得ない。
では世界の安藤氏はどうやって平和ボケしていないのか。
番組で見る限り、30人に及ぶチーム全体の掌握の為に何処に出張に行っていても必ず1度は事務所に帰るらしい。

世界の需要に応える為に自身のみならず実地訓練も含めてチームを鍛える事を優先している訳だ。

それに引換え、この直近の3代の内閣は身内の不祥事が多すぎる。
失言、政治資金不正疑惑等山本リンダではないが「どうにも止らない」としか言い様が無い。
麻生総理に至ってはご本人に失言、言い間違いが目立つのだから仕様が無い。

支持率が落ちるはずだ。
やはり、政権運営は緊張感を持ってやって貰わねば。


内閣総理大臣になって、緊張感が欠けていて、それで外交の麻生とのたまうのだからお話にならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/03/01 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平和ボケした麻生総理と官僚 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる