よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS タタの22万円を取るか、トヨタの180万円を取るか

<<   作成日時 : 2009/04/05 15:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

インドのタタ自動車が新発売した22万円の乗用車には驚く。
只、サイドミラーとワイパーが片側にしか付いていないので乗り慣れなければ危険ではある。
座席スペースは中々広く、可也身長の高い人も狭くは感じないようだが、後の席が一寸狭いようだ。

日本でも農村部の自動車が混雑しない処でれば乗れるかも知れない。
時速60km位まではそんなに加速性能は悪くないと言う話だ。
100kmと言うのは可也乗りなれた人でも難しいらしく、高速道路では使えないのかも知れない。

しかし、一般道だとそんなに不自由はなさそうだ。
それにしても、1/8の価格と言うのは価格競争のレベルではない。
ステータスではなく、実用車としては大きなマーケットを見込めるだろう。

元々、日本ではオーナードライバーと言う言葉が持て囃されたが、自動車を持つ事事態ステータスから始まった。
しかし、現在程普及すれば実用車として50万円を切る車でなければ市場の要望には答えられない。
日本型製造輸出産業の時代は終ったのかも知れない。

白物家電も随分安値が目立つ。
よく見てみるとブランドは日本だが製造国は発展途上国だ。
安さに勝る競争力は無い。

日本もそれで輸出を伸ばし、国力を上げてきた。
これから日本を牽引していく産業は大幅に変っていき、中々真似の出来ないシステム化された複合体が日本を支える産業になるだろう。
事実、中国等でも日本の小売業や化粧品、建設機械等は強さが抜きん出ている。

そこらがトヨタが180万円で販売できる強みなのかも知れない。


これから先の産業界の地図がどう塗り替えられるか見物ではある。



ハンディマッサージャー タタキチョッパー松下電器産業(National) EV2600 K
ファミリー通販
ナショナル  EV2600 K(黒) ハンディマッサージャー <タタキチョッパー> ●幅広チョップヘ

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人生の色模様
「人生の色模様」と名付けるこのページは人生における生き方に関するものを集めました。 様々なジャンルに分けられ、これからも増え続けて往こうかと思います。気が向いた時に遊びにこられて、こんな考え方もあったのかと感じて頂ければ幸いです。 改めて過去に書いた記事を想うとほろ苦くもあり懐かしくもありました。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/05 15:30
日本版グリーンニューデールを
支持率の低い麻生政権では、本格政策は期待できないが、科学技術の進化やエコを適える為に日本版グリーンニューディールの必要性が高まっている。 支持率の高い政権が樹立する事を願うものだ。 昨日の記事で紹介したタタ自動車に代表される発展途上国における低価格製品開発が現実化している今日、産業構造の改変が急がれている。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/06 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
> 管理人様

今の日本人であれば、もちろんトヨタ車を選ぶしかないわけですけれども、光岡のキットカーが、未だに人気があることを考えると、もし車検に通るのであれば、人気が出るとは思いますね。なお、農村部は混んでいないから走れるかも?というのは、その通りですが、一方で、それを見越してみんなすっ飛ばすので、かえって危険でもあります。
tenjin95
2009/04/06 11:13
tenjin95さんようこそ。
タタ自動車が日本仕様で生産するとすれば幾らで作れるのでしょうね。サイドミラーとワイパーを搗けるだけであれば価格はそんなに変らないでしょうね。只、誰が取上げ、販売するかと言う問題が大きな障壁でしょうね。それを実現するのはネット社会かも知れません。
Hbar
2009/04/06 11:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
タタの22万円を取るか、トヨタの180万円を取るか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる