よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 外交の麻生は官僚の言いなりではないのか

<<   作成日時 : 2009/05/03 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 4

外交と言う切口は見た目派手であるが、中々政治色の出せない分野ではある。
外交の一貫性から言えば尚更、政治の出てくる余地は少なくなる。
小泉元総理は靖国参拝に拘っていたが、政治が表に出てくると外交は巧くいかない典型例でもある。

麻生総理は外交を主戦場にしているが、政策としてはお粗末としか言いようがない。
今月、プーチン首相が来日するがその時に何が出るかがお楽しみだ。
相対関係から言えば、窮地にたったロシア経済に手を貸して貰いたいプーチンが何を言うか楽しみだ。

禁を犯して樺太入りした麻生総理としては唯一の正念場ではある。
4島全部でなくとも少しでも返還が決まれば追風にはなるだろう。
祈る気持ちでヨーロッパへ旅立ったに違いない。

兎に角、大盤振る舞いの麻生総理だが、これが出来るのも小泉改革があったればこそだ。
余剰金と言うものは出るはずが無いものを出して遅すぎた大盤振る舞いに舞い狂っている。
霞ヶ関の政治に対する締付は麻生内閣になって急を告げている。

小泉構造改革で押されっぱなしだった霞ヶ関から追撃を受けているのは麻生総理その人だ。
今まで名乗りもしなかった霞ヶ関の3人が表舞台で大見得を切っている。
官僚に作文書かせているのだからという事だろう。

主戦場に挙げておきながら、結果として近所の良い叔父さんとしてしか振舞えない麻生総理。
外交の本分は国益を優位に保つことに他ならない。
国益はどうなっているのか、全く笊の垂れ流しをやっているように国民からは見えないのだが、これ如何に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/05/03 21:36
自民党と民主党の違い -外交問題が国政で取り上げられないので気づかれない-
極論すれば、 自民 - 親米 民主 - 親特定アジア ...続きを見る
1歩ずつお勉強、政治経済
2009/05/05 13:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
エラ通信と申します。 こんばんわ。

うーん、私の目からは、非常に誠実にがんばっておられるように見えます。特に外務省は、麻生首相が外務大臣時代に、札付きの媚中派を一掃してます(その一部が、財務省にいって、アジア開発銀行などに入り込んでます)
あまり納得がいくように見えないのは、中川昭一蔵相がハメ込まれて、国内に味方が少ないことがあげられます。特に、媚中派谷垣・河野父子・創価池田大作と民主小沢・鳩山・管の動きに注意してください。こっちのほうが有害極まりないので。 私のブログではさまざまな資料を配布してます。よろしければお立ち寄りください。
エラ通信のチラシの裏
http://era-tsushin.at.webry.info/
エラ通信
2009/05/03 23:34
エラ通信さんようこそ。
確かに最近の麻生総理は総理大臣らしくなった事は確かです。しかし、なった当初のハチャメチャ振りが日本の国力を下げているのは事実です。この国難時にあってあの見習い状態が必要以上に日本経済に悪影響を与えています。ご自身のなさった事を総括してこそ、真の指導者足りうるのではと考えます。日本最高指揮官に見習い期間は要りません。必要ならばならなければ良いだけの事です。
Hbar
2009/05/04 12:58
学者でも無く、文章を売ってもいない、市井人の今唐です。こんばんは・・

麻生総理を、太郎ちゃんと呼んでいます。
親しみを込めてです。

メデイアは「金髪でない馬鹿な豚野郎」と呼んでいます。これは、警告を込めてです。
「形容詞」おわかりですか?

彼は、就任早々、いわれの無い 言葉狩りに散々やられました。可哀想で、微力ですがブログで擁護しました。

ところで、本題ですが、北方領土の「3.5島返還」は避けるべきであると考えています。

絶対ではありません。要は、国家主権と国民個々との相克です。

島民のことを考えると、可哀想です。そして、ガスがあるとは言え、ロシアにとって、シベリアは遠いところです。長期的に見れば、日本の勢力圏にならざるを得ません。

国境の無い理想の世界国家が来たときは、昔あった日本という国の人と同じような暮らしを択捉の半分に住むロシア人はするからです。 
(終わり)
今唐加太朗
2009/05/04 18:57
今唐加太朗さんようこそ。
原則無しの麻生総理には困ったものですが、我が日本の総理には違いなく、この先任期の間間違いを少なくして欲しいものです。
国境のない世界と言うのはロマンがありますね。事実は徳川幕府の大政奉還によって、廃藩置県がなされた如く、当時の薩長の役割を中国・インドが、徳川を米国と考えれば近い将来実現するかも知れませんね。その時はシナリオライターとしての日本が担う役割が大きそうですね。
Hbar
2009/05/04 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
外交の麻生は官僚の言いなりではないのか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる