よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 何故長期記憶に優れていると言われるのか

<<   作成日時 : 2009/06/22 14:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 11

自閉症者は記憶が苦手です。
私は特に人の名前と顔が中々一致しません。ですから、どうしても覚えなければならない時はその時に必死に記憶する努力をして、その直後にメモをします。だから、名刺交換と言うのは非常に有効です。
私はガールフレンドを持ったという記憶がありません。街で逢っても先方は覚えているのにこちらは全く思い出さないケースが結構あります。
最近もある中学校へ行き、自閉症療育の話をしていると、突然先方の校長から「同級生ではないか」と言われましたが、当方に全く記憶がありません。それから、1年近く経ちますが全く思い出さないのです。しかし、当時の同級生で名前も出て来るし、当時の印象も結構残っている同級生も多いのも確かです。

この違いは何処にあるかと言えば、顔認識回路のある帯状界がその所属する辺縁系との連動が巧くいかないせいだろうと考えられます。偏桃体と海馬はその成長不足において生命の危険に晒されますが、どうもその後で生成したと考えられる帯状界はやはり小脳制御が巧くいかず、その連携が取れないのだと考えられます。それが、0才児において、知らない人に対して異常反応である大泣きの原因であろうかと考えられます。

私の例を引くまでも無く、自閉症者はそういう所以で記憶の悪いのが一般的であろうかと思います。卵畑さんはお手伝いのお婆さんにあやされ、その撮った写真をインデックスにする事を学んだようです。これが、所謂自閉症と高機能やアスペルガーが別れる分岐点だろうと理解します。

詰り、知的障害者と呼ばれる人々はその生育過程において、インデックス付けする習慣を持たなかった人達だろうと推定します。その療育に携わる人々にその話をしますと「とんでもない、経験したこと無いから分らないのだ」と異口同音に反発されますが、それは単に生後時期においてインデックス付けに効果ある構われ方したかしていないかの違いではなかろうかと推定します。

長期記憶に優れていると言う見方は逆で、記憶する回路はインデックス付けに関るか否かによって働き方に違いが出てくる訳です。卵畑さんのおばあさんの果した役割がインデックス付け回路の創設に繋がっているのでしょう。私も様々な人々に大切に可愛がって貰いました。その結果がアスペルガーでなく高機能に繋がったようです。自閉症スペクトラムの要素にはメモリ不足の量的問題と生後直の養育過程に影響されるようです。

回路は使えば使うほどに筋肉同様逞しさを増します。頭頂葉の莫大な空いた仮想メモリ領域とこのインデックス回路両者相俟って、アインシュタインやエジソンのようになると考えられます。

自閉症は基本的に記憶が苦手なのですが、そのインデックス付け回路の生成とその成長を育む療育空間によって長期記憶に優れていると言わしめていると信じます。多くの知的障害と断定された人々も60才を過ぎた頃には普通の生活をしている人が殆どです。それは施設において療育した成果と言う支援者が多いのも事実ですが、施設を出た後、自立厚生施設等を経て本人が小脳の可塑性で以って勝ち得たと考えれないでしょうか。

全ての自閉症者は自身の努力で長期記憶を可能として様々な研究分野で活躍しています。それは、本人の弛まぬ努力の成果であり、支援者や保護者の努力が実を結んだのではないのです。

では何故、自閉症者だけがインデックス回路ができるのかと言う疑問には健常者はそれが無くとも可愛い事が上げられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
なぜ「可愛げがない」のか。(3)
↓の続きです。 ...続きを見る
『自閉症』『アスペルガー症候群』を考える...
2009/07/12 10:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時

初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま〜す<m(__)m>
ややちゃん
2009/06/22 15:23
ややちゃんようこそ。
こちらこそ宜しく。
Hbar
2009/06/22 15:35
私もなかなか人の名前と顔が一致しません。
小中と、名簿の写真と名前を照らし合わせることで記憶しました。
(写真や文字はすぐに記憶できました。)
確かに、意識して覚えたせいか、「○年生のクラスメイト」というインデックスで引き出せていましたし、それは現在まで続き、今でも引き出すことができます。

ただ、服の模様や装飾品などは意識せずとも、その場で勝手に記憶されていました。
また、人の顔に関しても、輪郭や髪質などについては、意識せずとも鮮明に残ることがありました。
そういった特定の物や部分の記憶は、見出しが付かずバラバラのまま、成人しても何かのきっかけで瞬間的に思い出される状態が続いていました。
それらが写真を見ることでインデックス付けされたといえば、その通りだと思います。
卵畑
2009/06/23 21:24
続きです。

また、インデックスのない記憶が自分の意思で引き出せないことは自身で体感しているので、その部分が知的障害とも関わりがあるだろうという説には賛同します。

「努力して覚えたから長期記憶になる」ということについては、私の場合、上記の前者には当てはまりますが、後者には当てはまりません。
私について言うなら、記憶力が良い悪いというより、「アンバランスである」のでないかと思っています。
このことをHbarさんがどのように解釈されるのか、大変興味があります。
卵畑
2009/06/23 21:24
卵畑さんようこそ。
自閉症のインデックス付けは写真等の物理的なものでないと考えています。やはり、愛情溢れたお婆ちゃんがインデックス作りの大本にあると考えています。要するに、無私の愛情が情報として脳を活性化させ、それが小脳の可塑性に結び付いているのではと推測しています。これだけはどんなに技術が進歩しても解けない謎と理解しています。逆に言えば球助君にとって必要なのは理論から導き出されたものでなく、情だろうと考えます。愛は無限と良く言われます。それ程に情報として多量のものが打込まれているのでしょう。それが、自閉症者にインデックス回路を目覚めさせると考えます。是非、お考え下さい。
Hbar
2009/06/23 22:50
愛情は前提条件ですから、あえて語るまでもないと考えていました。
私は自分の感情が自分でよくわからないところがありますから、自分が起こした行動から推測するのみです。
この5年間、息子のことを手放さなかったということが、答えではないかと思っています。
同じように、私のブログやHbarさんの自閉症関連の記事を読まれる親の立場の方々にも、愛情のない人などいないでしょう。
この部分はご理解いただけているものと思っていましたが。。。
それとも、1年前からの私の記事を通して読まれた上で、「愛情がない」と判断されたのでしょうか。

「何を行うか」が自閉症児の成長に大きく関係がないことは、常々私も記事に書いていると思います。
ただ、Hbarさんが囲碁や写経を勧められるように、私にもきっかけになったと思われる物事があり、物理的なものも無価値ではないと考えています。
繰り返しますが、愛情が前提条件である上での、2次的な物事の話をしているのです。
記事1つ1つに「愛情が1番重要ですが」と明記していないだけのことで。。。
卵畑
2009/06/23 23:33
卵畑さんようこそ。
情と言うのは非常に難しい表現で、貴女が「自分の感情が自分でよくわからない」と仰っていますが、私も自身に対して同じ感想を持ちます。夫々に可愛くない親は居ないと仰るお気持ちは痛い程分ります。しかし、卵畑さんがお婆さんから受けたものを若いお母さん方に求めるのは無理でしょう。人は夫々が置かれた環境の中での情報集積の結果が情だと受止めています。最低限以上の子供の事を考える気持ちがあるのは当然ですが、長い年月を経て培ったものには叶わないと考えます。決して卵畑さんが我が子に対して真摯でないと言うのではありません。子供が受取る情報量が情と知では大きく異なります。長年の蓄積から球助君は卵畑さんの存在を掛替えの無いものとしているでしょうし、それこそがインデックス回路の創設に繋がるのだろうと考えています。決して可愛がって居ないとかと言う意味でなく、その蓄積された基になっているものが写真に繫がり、それによって様々な知識の索引になっていきます。そうしないと記憶が出来ないのが自閉症たる所以ですから。中々、記事にコメントする記事を書くのは難しいものですね。
Hbar
2009/06/24 12:35
丁寧にご回答いただき、ありがとうございます^^
『情』という言葉を一般的な意味合いと誤解していたようです。
「年の功」であるとか、「おばあちゃんの知恵袋」というような意味で、『情』と言われていたのですね。
そう言った意味であれば、私がいくら理論立てたところで、祖母にはかないません。
Hbarさんの言われる『情』は、人の一挙手一投足に表れるものですから、コピーしたところでその情報量はごくわずかでしょう。

祖母(そして他の家族や知り合った大人たち)の在り方そのものが「蓄積された基になっている」結果、写真が引き出しになったと言われるのであれば、納得がいきました。
先のコメントは書こうか書くまいか迷ったのですが、書いて良かったです。

>中々、記事にコメントする記事を書くのは難しいものですね。

そうですね。
私もHbarさんも文字(特に概念)に対して独自の意味付けをしている部分が処々にあり、そのすり合わせをしないと今回のようなことが起こるようですから。
卵畑
2009/06/24 17:58
少しニュアンスは異なりますが大分近づいてきたように思います。分らない事あれば遠慮なさらずにどんどん聞いて下さいね。似たような障害抱えて貴女の倍以上生きているんだからね。貴女より理解していて当然なんだから。それも脳神経科学の見地から究明している訳ですから。遠慮なさらずにね、どうせ私の顔は公開してるけど、貴女の顔は秘密なんだから。宜しくね。
Hbar
2009/06/24 20:01
Hbarさんて少し変わっているというか、独特の言葉の使い方をされますね。言葉の使い方が正確ではないので、誤解されやすいのではないですか?私には、卵畑さんへ見当違いの言いがかり、もしくは言っても意味が無いことをわざわざ独りよがりで言っているだけ、のように感じました。外から見ていると、卵畑さんが少々気の毒でした。

>似たような障害抱えて貴女の倍以上生きているんだからね。貴女より理解していて当然なんだから。

こう言う言い方ってかなり微妙です。アスペルガー独特の悪気の無さ故の発言かもしれませんが、とても違和感があります。
霜月旬
2009/06/25 21:17
霜月旬さんようこそ。
独り善がりと決め付けられればそれまでですが、貴方はどういう立場なんでしょうね。自閉症と言う症状を持てば普通は25才位で発達を終える脳がその本人の持つ資質によって発達していきます。私の年になっても新しい自分がどんどん顔をだしています。卵畑さんはまだまだ進化し続ける存在です。だから、現状でのご自身が持つ結論は未だ結論ではありません。健常者であれば、そこから下る一方なんでしょうが。貴方はどう言う立ち位置でコメントされているのですか。単なる同情だけであれば迷惑なだけです。卵畑さんは現時点において位置確認を懸命にされています。それもどう思われているのでしょうね。
Hbar
2009/06/25 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
何故長期記憶に優れていると言われるのか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる