よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の労働生産性は何故落ちたか

<<   作成日時 : 2009/06/24 11:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

今、日本の職場へ行くと仕事をしている人は働き蜂のように働き、残業手当無しのサービス残業が増えている現状がある。
同時に過労による鬱を発病し精神科へ通う人々が増え、酷い場合は過労死さえ招く事がある。


この最大原因は、給与の高さに原因があると考えて良い。

日本の給与水準は世界各国の中で飛び抜けて高い水準にあると考えられる。朝鮮戦争が終り、その特需の助けを借りての高度成長が始まった頃、大学卒業の初任給は一ドルが360円であって、月給は一万円であったと聞いている。

それが、今では一ドル百円を切っているにも関らず20万円を越している。ドルベースで換算すると実に75倍にもなっている勘定だ。無論、その間日経平均を指標としてみてみると10倍、ドルベースにすると36倍になっている。実感として、日用生活品の価格はコーヒー代や電車初乗り料金など比較してみると概ねそういう勘定になっている。

一方、賃金が上昇して購入対象となる耐久消費財の多くは値段が据え置き状態があり、家の価格は上昇傾向にある。総じて、正規雇用者にとって暮し易い国家となっているのは悪くない現象と考えてよい。しかし、冒頭に紹介した労働環境の悪化と言う問題は深刻で、これに対して大きく政策転換を図るべきであろう。


それは農政を中心とした産業政策の転換と教育改革を柱に挙げたい。


現在の農政は補助金漬けになっており、実質農業生産性を反映したものとなっていない現実がある。丁度、農村の高齢化と過疎化が進捗している現在がその政策実行のタイミングとしては良いものがある。ここ韓国で暮らしてみて、日本の物価水準の高さに驚く。それは高度成長から50年間以上物価上昇を続けてきた所以によるものであり、その間円は海外通貨に比べて弱くなる事もなかった。賃金の政策的下方誘導が必要なのではなかろうか。賃金が高いまま、国際競争を続けていけば現在の過労死を招く環境が続く事となり、その対策として取り合えずワークシェアリング等の政策で持って実質賃金の引下げを誘導すべきだ。


もう1つの論点はこのブログで1番力を入れている教育改革だ。

現在社会が機能不全を起こしかけているのは文科省の教育政策の失敗によるものと断定できる。日本は元々応用力が高いカルチャーを持合せていたのを動脈硬化状態にしたのは現在の学校学習指導要領による副作用と考えるべきだ。

江戸末期から明治の初めに掛けて、日本は西洋文明の習得に成功した。その最大の功労者は外国語をそのまま読むのでなく、熟語漢字を創生した人々であった。当時の日本人の多くは漢文の読み下し文を読む事に習熟しており、その創生された熟語漢字によって外国技術の習得に貢献したと考えられる。21世紀になった今でも中国の外来語辞典には和製熟語が可也の割合を占めている事でも分かろうではないか。

中国人が作った熟語が廃れ、和製熟語が残るほどに実用的であった証明でもある。それほどの応用力の照明が高度成長末期にメカトロニクスを生み出し、日本の高度成長を牽引し続けた。それ程に優れた日本人が過労死を招く環境を作っているのは何故かと言うのは明治以来続けてきた西洋を模倣した教育行政を施行し続けたからに他ならない。

あのメカトロニクスを作った世代は幕末から明治に掛けての空気を知っている祖父から様々な事を学べた最後の世代だったと言えよう。もう、明治維新以来140年が来ようとしている。あの時代の空気を知っていた人が居る道理も無い。

これが現在における日本の立ち位置であり、何を変えねばならないかを指し示している事実だ。日本を底なし沼に招きいれている真犯人は文科省と言う事なのだが、有識者でその考えを示す人が見当たらないのは残念だ。


経済より何より、改革しなければならないのは教育行政に他ならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「慰霊の日」と日本外交の嘘
  昨日23日は、沖縄戦慰霊の日であった。 各新聞社が、形程度にはふれているのだが、何かが違う気がする。特に、右傾化した産経新聞の記事は、なんと虚しい記事内容だろうか。 昨日の琉球新報と47NEWSのコラムを取り上げてみたい。 64年目の慰霊の日 被害と加害の再現許すまじ  「反軍隊」は譲れない一線 (2009年6月23日) http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-146221-storytopic-11.html ....................転記始ま... ...続きを見る
雑感
2009/06/24 16:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま〜す<m(__)m>
ややちゃん
2009/06/24 12:21
ややちゃんようこそ。
2度めの来訪有難う御座います。中々マメですね。そのマメさ加減に磨きが掛るよう期待しております。
Hbar
2009/06/24 12:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の労働生産性は何故落ちたか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる