よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治に何を望むか

<<   作成日時 : 2009/12/24 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 3

官僚による行政は責任の所在の無い所に尽きる。様々な人命の掛った「ハンセン氏病」「C型肝炎」等の対応を見ても、下級裁判所において如何なる判決が下っても上告をし続ける態度が官僚スタイルに他ならない。全ての行政における細々としたものは官僚が握って離さないが、責任はあくまで取らないのも官僚だ。

その典型が年金記録錯誤問題だ。卑近の身内にも2件の見失われた年金が見付っている。1つは戦時中の勤労のものであり、もう1つは50年近く前の僅か1月掛けただけの厚生年金であった。80を過ぎた人にとって、100万近い臨時収入は大きい。これも分ったから良かったものの、同様のケースで分らないものは数が知れない。

多分、数十万のお年よりが受取れるはずの年金を受取れず、この寒空に貧窮に喘いでいると思えば切なくなる。それでも、公務員は何の責任も取ろうとはしない。彼等にとって、年金受給者が如何に追詰められようと知った事ではなく、自らの収入さえ保証されていれば、その窮状を救う気持ちの欠片すら持たない。

持たないのでなくて、持てないと言う現実が多い。もし、困った人を助ける為に何等かの手立てを講じようとしても、それによって不正受給する人の数が多くなる現状が人の世と言うものだ。蟻の這出る隙間も作らない苦労は公務員はしない。長妻現厚労相によって明かにされた年金問題であればこそ公務員が動くのだ。

これが何を意味するかと言えば、情報の悉くは官僚が握り、そこから漏れ出た所のみが政治の出番という事だ。情報を握っていても、それを活かす能力と責任を持たない官僚は、悉く情報を握り潰し、闇に葬っている。活かしたくとも活かせるだけの専門知識が無いのも官僚である現実を政治は知らねばならない。

詰り、官僚が握っている情報をデータベース化する事によって、官僚独占と言う状態を脱却しなければこういう状態から1歩も出ない現実がある。情報は利用できる政治家及び研究者が活用してこそ活きると言うものだ。官僚の手の内に握られているものをデジタルに書込んでこそ責任が取れる研究者や政治家に明かされるのだ。

政治に1番期待しなければならないのは、官僚と情報の分離を定める法制化ではないか。如何なる情報があっても、官僚はその責任が取れる状態にならなければ決して握ったものを離さない。離さずに薬害に繋がるような不祥事にさえ持っていっているのが現状で、その責任は決して官僚は取ろうとはしない。

それでも、政治家の知る情報の数百倍とは言わない情報を握っているのが官僚でもある。ここらの情報の取り扱いこそ政治が決めなければならない問題だろう。長妻大臣が追及しなければ年金問題も眠った侭であろうし、現在でも数多くの問題が埋もれて眠っていて、国民の不利益を招いていると考えられる。

ここらの埋もれたものを掘起すのが、野党となった自民党の仕事であろう。その追求を受ける前に、全ての情報を人(官僚)と切離す法制化をするのが政権交代した民主党の役割であろう。国民の目から見て、政治に期待が持てるとは努々思えないのだが、政治が為すべきを頑張って欲しいものだ。


政治は眠っているのかと言いたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「政治に何を望むか」について
「政治に何を望むか」について ご無沙汰してます 相変わらず意気軒高ですね >政治に何を望むか 国民が安心して暮らせ且つ発展しうる 条件環境を作ることだと思います 徳川政権の鎖国により安眠をむさぼったおかげで西欧に後れを取りあわや植民地の危機を 先人の血の滲む命がけの知恵で乗り切ったかに見えたがイエロー・モンキー、出る釘は打たれるの例え 欧米列強の狭間で苦悶し大和民族乾坤の勃興を賭け 大東亜戦争へと突入〜〜〜 国際法違反の無差別爆撃・原爆の実験投下・ 占領地の略奪 法制は弄っ... ...続きを見る
oh-tinq ・ ”普通の国を目指して...
2009/12/29 17:01
謹賀新年
10年1月元旦 金曜日 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/31 19:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
秀才というバカ無能を沢山見てきました、優秀な官僚とよく天下りの弁明に言われますが、事業仕分けで曝したバカ無能官僚の実体。彼らは『情報の悉くは官僚が握り』だけで能力ではない、情報と通帳を握っている。要りもしない独立行政法人に4000もあるかという公益法人、公益が聞いて呆れる官僚給料補給法人、幾つか仕事してる法人もあるが、ほとんどお邪魔虫に年間20兆くらいは税金から支出されてるとか。財源無いわけだよ。年金記載漏れもおおよその加入年も事業所も解ってても特別便で回復申請しても一年経ってもまったく手つかずと呆れてた人から聞いた。その先に回復しても支給開始されず死ぬの待たれてるとか。ムダダム、ムダ道路、ムダ新幹線どころか血液製剤エイズ、肝炎.....もう挙げれば切りも無し。予算の迷走の裏に財務省の”金”無し宣伝で消費税への目論みが蠢いてると、この輩も同じ国民かと思うと情けない年の瀬である。性格の悪い狡い秀才の怖さかな。
理系貧民
2009/12/25 09:39
Hbarさんのお怒りごもっともです
全く政治には無関心な私にも、あまりにも無責任な今の現状に、やはり「どうなってるの」って、思い始めてしまいましたもの・・

今は読書にもお忙しいHbarさんのようですが・・今日くらいはゆっくりクリスマスムードにでも浸ってください・・
風子
2009/12/25 09:58
理系貧民さんようこそ。
責任回避しか頭に無い人々が権限のみ握って離さない現状には目を覆わんばかりですね。権限の裏には責任あって然るべきですが、それを放置する政治の貧困には腹立たしい限りです。
風子ちゃんようこそ。
来年には公務員制度改革の法案も出るそうだけど、どの程度に解決するんだろうね。高みの見物しか出来ないのだけど、現状を何とかして欲しいね。
Hbar
2009/12/25 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治に何を望むか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる