よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 言われたくない荒井聡国家戦略・経済財政担当相に失われた20年とは

<<   作成日時 : 2010/07/23 22:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

日本人は自虐的に「失われた○○年」と良く言う。
中でも消費不振をあげつらっている。
バブルの頃は札束が舞い、ニューヨークのマンハッタンまでジャパンマネーが溢れかえっていた。
あのバブルの状態が良いのかと自問自答すれば、答は否である。


そもそも日本人に価値観が欠落していると言わねばならない。
政治家は無論のこと、哲学・経済・教育のリーダー達は日本人が如何なる価値観を持つべきかを議論してこなかった。それを訴えかける宗教家に対して門前払いしている状況が現代の論陣の有様だ。
戦後から一貫して世の指導者達は「お金」こそ最上の価値であり、その他は全て葬り去られている。日本人が消費に向わない所以がそこにある。


政治家は無論のこと、哲学・経済・教育のリーダーの猛省を促したい。最近になって消費の為の消費が少し上向いているようだが、それ自体消費の為の消費であって人生哲学に基いたものではない。
消費に責任転嫁するのはお門違いというものだ。
では、この失われた20年の原因を考察する。


こういう議論は全くでないのが不思議であるが、日本の政治・官庁・金融コストが諸外国と比べると大幅に高く、日本の民業を圧迫している事が失われた20年の最大原因と言う事に気づかねばならない。
このコストパフォーマンスの改善こそ日本の成長力が改善する最強の手談と心得たい。
その最大の責任者の1人である荒井聡国家戦略・経済財政担当相に失われた20年とは言われたくない
次回からコストパフォーマンスの改善について論じていきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
経済のお話は最も苦手とするところです・・
って格好つけちゃいました
経済以外も何もわかっていませんが(^_^;)アセアセ
バブル以前の好景気に沸いた頃へ戻ることは今となれば夢のまた夢なんでしょうか?
国事体が赤字財政の日本・・再びの経済安定期の訪れが待たれますね・・
風子
2010/07/24 14:46
風子ちゃんようこそ。
バブル以前の好景気に戻る事は暫く有得ないね。何しろ、政・官・金融のコストパフォーマンスが増大してしまっているからね。民間がコストカットに幾ら努力していても、3者のコストはバブル期同様に掛っているからね。それが日本経済が浮上しない最大原因なんだ。
Hbar
2010/07/25 16:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
言われたくない荒井聡国家戦略・経済財政担当相に失われた20年とは よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる